2018年の十五夜(中秋の名月)を楽しむために

2018年の十五夜・中秋の名月(旧暦8月15日)は、9月24日(月)

2018年の十五夜・中秋の名月(旧暦8月15日)は、9月24日(月)

2018年の十五夜・中秋の名月(旧暦8月15日)は、9月24日(月)です。

お月見を楽しむために、手軽にできるお供えのしかたや、我が家の夕食を月見の宴に変えるヒントをご紹介します。美しい月を眺めながら、素敵な夜を過ごしませんか。

【INDEX】  

なぜお月見にはお供えものをするの?

関西で月見団子といえばこちら。里芋に見たてた形、餡は月にかかった雲やきぬかつぎの皮を表しているそうです

関西で月見団子といえばこちら。里芋に見たてた形、餡は月にかかった雲やきぬかつぎの皮を表しているそうです

お月見にお供えものをするのは、月が風雅の対象だけでなく、信仰の対象でもあったからです。

十五夜、十三夜、十日夜の3月見は収穫に感謝するお祭りなので、収穫物をお月様にお供えするようになりました。お馴染みの月見団子もお供えもののひとつです。

では、月見団子はいくつ供えるのでしょう?>>>