2019年の十五夜・中秋の名月に何する?食べ物やお供えの仕方

十五夜(15夜)・中秋の名月…今日は十五夜、何する?食べ物・団子・お供え

十五夜・中秋の名月(旧暦8月15日)に何をお供えし、何を食べればいのでしょう?

2019年の十五夜・中秋の名月(旧暦8月15日)は、9月13日(金)です。

お月見を楽しむために、手軽にできるお供えのしかたや、我が家の夕食を月見の宴に変えるヒントをご紹介します。美しい月を眺めながら、素敵な夜を過ごしませんか。

【INDEX】  

なぜお月見にはお供えものをするの?

お月見にお供えものをするのは、月が風雅の対象だけでなく、信仰の対象でもあったからです。

十五夜、十三夜、十日夜の3月見は収穫に感謝するお祭りなので、収穫物をお月様にお供えするようになりました。お馴染みの月見団子もお供えもののひとつです。
 
十五夜(15夜)・中秋の名月の月見団子

 関西で月見団子といえばこちら。里芋に見たてた形、餡は月にかかった雲やきぬかつぎの皮を表しているそうです

 

月見団子はいくつ供えるの?

穀物の収穫に感謝し、米を粉にして丸めて作ったのが月見団子の始まりです。月に見たてて丸い団子ですが、地域に根ざしたさまざまな月見団子もあります。たとえば、関西では里芋に見たてた形の団子を餡でくるんでいます。

供える数には2つの説があります(詳しくは「月見団子の供え方・並べ方」で紹介)。
  • 満月の数⇒12個 
    その年に出た満月の数を供えるので平年は12個、閏年は13個となります。
  • 十五夜⇒15個 
    十五夜だから15個(十三夜には13個)。15個の並べ方は、下から9個、4個、2個となります。
昔は月の満ち欠けによって暦が作られ、農作業も進められていましたから、満月の数や、新月から何日目の月か(○○夜)ということは大きな意味があり、それが団子の数になったのです。

月見団子はちょっと……という方は、月に見たてて丸いどら焼き、月うさぎに見たてたお饅頭、中国のお月見に欠かせない月餅なども、お月見ムードを盛り上げてくれるでしょう。
 

お団子のほかに、どんな食べ物を供えるの?

十五夜(15夜)・中秋の名月、団子以外の食べ物 里芋

「芋名月」の由来となった里芋。
では、「豆名月」って何?⇒答えはこちら


十五夜は別名「芋名月(いもめいげつ)」といい、里芋などの芋類の収穫を祝う行事でもあるため、里芋やさつまいもなどをお供えします。

また、この時期とれた野菜や果物も盛るといいでしょう。葡萄などのツルものは、月と人との繋がりが強くなるという縁起のいいお供えものです。どれも旬の食材ばかりですから、おいしくいただく前にお供えしてみてはいかがでしょう。しばらくお供えしたら食べてOK。供えたものを下げていただくことで、神様との結びつきが強くなると考えられています。
 

なぜ十五夜(中秋の名月)にススキを飾るの?

十五夜(15夜)・中秋の名月に何する?ススキを飾る

十五夜・中秋の名月に飾るススキは秋の七草のひとつ。
秋の七草は「ハスキーなおふくろ」と覚えましょう

ススキは神様の依り代と考えられており、稲穂が実る前なので、稲穂に見立てたススキが選ばれたといわれています。また、ススキの鋭い切り口が魔除けになるとされ、お月見のあと軒先に吊るしておく風習もみられます。

さらに、秋の七草や秋桜など、季節の草花で彩りましょう。この時期はお月見用の切り花セットも売っていますし、お庭に咲いている野草もフル活用して楽しみましょう。
 

今日は十五夜!即席の月見台にお供えものを飾りましょう

今日は十五夜(15夜)・中秋の名月に何する?ベランダに月見台

ベランダに小さなテーブルを置いてお供えすれば、月見台の出来上がり

月見台とはお月見をする場所のこと。月を眺められる場所があれば、それが我が家の月見台! そこにお供えものを飾って、お月見を楽しみましょう。また、床の間、チェストの上などにしつらえてもいいでしょう。
  • 窓からお月見 → 窓辺にテーブルを置いて
  • 出窓があれば → 出窓の張り出し部分を利用して
  • お庭でお月見 → お庭のガーデンテーブルに
  • ベランダに出てお月見 → ベランダや窓辺にテーブルを置いて
  • 縁側があれば → 縁側にちゃぶ台を出して
     

今日は十五夜!月見の宴を我が家で楽しんでも

今日は十五夜(15夜)・中秋の名月 何する?月見の宴を我が家で

料亭などで行われる「月見の宴」を我が家でも

美しい月を眺めながら、月見の宴月見酒……こんな雅なひとときを、我が家で実現させてみませんか。窓際に食卓を移動し、月やお供えものを眺めながら食事や晩酌をして、デザートに月見団子を頬張れば、我が家の夕食が月見の宴に変わりますよ。できるだけ部屋の照明を消し、和ろうそくやキャンドルを灯してムードを出すと、さらにマル!みんなで月うさぎを探してみたり、月の話で盛り上がれば、ロマンチックな時が過ごせます。
 

【関連記事】

月明かりに照らされて、いつもと違う素敵な夜をお過ごしください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。