お月見はいつすればいいの? 2018年のお月見の日付は?

お月見の日付は毎年変わります。今年のお月見はいつか、確認しましょう

お月見の日付は毎年変わります。今年のお月見はいつか、確認しましょう

秋はお月見の時期ですが、月見の日付は毎年変動します。今年、2018年はいつお月見をすればいいのでしょう? 伝統的な「十五夜」(中秋の名月)、「十三夜」、「十日夜(とおかんや)」の日付とともに、由来や楽しみ方を紹介します。

【INDEX】 
十五夜(中秋の名月):2018年9月24日
十三夜:2018年10月21日
十日夜(とおかんや):2018年11月17日
3つの月見の意味
 

十五夜(中秋の名月):2018年9月24日(旧暦8月15日)

お月見は一般的に、旧暦8月15日の「十五夜」のこと

お月見は一般的に、旧暦8月15日の「十五夜」のこと

お月見とは、一般的には旧暦8月15日の「十五夜」をさします。2018年の十五夜は、9月24日(月)です。

十五夜は秋の美しい月を観賞しながら、秋の収穫に感謝をする行事で、「中秋の名月」と呼ばれています。旧暦では7月~9月が秋にあたり、初秋は台風や長雨が続きますが、仲秋は秋晴れも多く空が澄んで月が美しく見えます。そこで、中国から伝わった月見を取り入れ、平安貴族が月見の宴を催して風雅を楽しむようになりました。やがて月見が庶民に広がると、実りに感謝する行事になっていき、芋類の収穫祝いをかねているため、「芋名月(いもめいげつ)」という別名で呼ばれるようにもなりました。

【関連記事】
また十五夜に月見だんご、すすき、芋などの収穫物などを供えるのは、さまざまな物事の結実に対して感謝と祈りを捧げるためで、日本文化の特徴といえます。また、月の模様を「月でうさぎが餅をついている」と捉えるのは、慈悲の心の象徴であり、月に寄せる思いの深さが感じられます。

【関連記事】
次は十三夜、十日夜(とおかんや)についてです>>>