達人の技を丁寧にお伝えします

綾秦 節(あやはた せつ)/きもの研究家。装道きもの学院、山野高等美容学校卒業後、美容師となる。「綾秦きもの文化せんたぁ」で着付け指導ののち、港区赤坂にて「布・今昔あやはた」を開業。テレビ・雑誌・ポスター・CMなどで女優やモデルのきものコーディネートに携わる。2003年に同店を閉店し、2004年に単独でフランス留学。2006年12月本格帰国し、きもの講師として活躍中!著書『賢いきものの楽しみ方』(世界文化社)。
「アトリエあやはた」
浴衣姿も着付け次第。単純な構造だからこそ、ちょっとしたことで印象が変わり、着崩れにも影響します。

そこで、きもの研究家・綾秦 節(あやはた せつ)先生に、着付けのいろはを教えていただきました。豊富なキャリアに裏づけされた達人の技は、初心者から上級者まで必見です!

写真をたくさん活用し、通常の着付け説明ではわからなかった細部までよくわかるようにしました!そのちょっとしたポイントが大きな差になりますよ~。

【 INDEX 】
1.準備するもの/下着について 
2.補正のしかた
3.着付け~腰紐をしめるまでの手順とコツ
4.着付け~おはしょり、胸紐までの手順とコツ 
5.着付け~伊達締めまでの手順とコツ
6.おしゃれ度アップの伊達衿アイデア/帯結び/撮影時のポーズ他


準備するもの

 
・下着(肌着&裾よけ、ワンピース式など。おすすめは下記参照)
・和装用ブラジャー(スポーツ用でもOK)
・帯板(メッシュが涼しくておすすめ)
・伊達締め(シャーリングの入っているものが楽でおすすめ)
・タオル 2枚
・腰紐 2~3本(今回は3本使います。使いやすいのはモスリン。そのうち1本はシャーリングの入っているものが楽でおすすめ)


下着について

【おすすめ下着】
浴衣の下着には、和装肌着&裾よけ、手軽なワンピース式などがあります。どんなタイプでも着られますが、数多くの商品の中から綾秦先生が選んだのはこちらのキモノスリップ。その理由は……

付け紐を脇縫いの穴に通してサイズ調整します。
・多くの浴衣用ワンピース式スリップはゆとりを多くとっているので、これがもたついたシルエットになる。内側と外側で2ヶ所結ぶタイプは結び目がごろつく。この商品は比較的ストレートでもたつかず、内紐を脇から通してサイズ調整もでき、結び目もひとつなので美しく快適に着られます。

付け紐を前で結んだら、垂らさず紐にからげておきましょう。
・上部が木綿、下部がローズデシンという新素材で出来ており快適。さらに、浴衣専用商品ではないため、どんなきものにも着用できて重宝。浴衣が着られるようになるときものも着たくなるので、最初の1枚としてベストチョイス!

●このキモノスリップを扱っている店が少ないのですが、これを機に取材協力店の[玉のり]で購入できるようになりました。
笑うキモノ生活 [玉のり] ハシヅメさんありがとうございます!

【ブラジャー】
ブラジャーは和装用かスポーツ用がおすすめ(着用しなくてもOK)。普通のブラよりもすっきりと美しいシルエットになります。バストが強調されると、女っぽいというよりもおばさんっぽい雰囲気になる(特に帯の上に胸が乗ってしまうような感じになると、所帯じみたおばさんに見えてしまう)ので要注意。


下着をつけたら次は補正です。補正は美しい着姿に欠かせないもの!タオル2枚で簡単にできる補正のしかたをご紹介します  >>>