サザエは”夏の演出”に欠かせないアイテム

サザエの貝殻を活用して、夏らしさを演出しましょう

サザエの貝殻を活用して、夏らしさを演出しましょう

サザエといえば「サザエさん」!? それとも「つぼ焼き」!? いえいえ、これからは洒落たインテリアです。

貝殻は夏の演出に欠かせないアイテム。サザエだって立派な貝ですから、貝殻を飾れば「海」を感じさせてくれます。でも、南の島の「シェル」のような洒落たイメージとはちょっと違う。「Sea」というより、「磯」という感じでしょうか。

しかし、視点を変えてみたらこんなに素敵に変身してしまうんです!
 

サザエの貝殻の使い道、ひっくり返すだけでステキな花入れに変身!

サザエのアレンジ

お庭の草花で充分。大小並べてオブジェ風にアレンジしてみまし

  • おいしくいただいたあとは、よく洗っておきましょう。しばらくは磯の香りがしますが、しばらくすると気にならなくなります。
  • ひっくり返すとサザエの角が脚になるので、とても安定します。真上を向けたり、少し斜めにしたり、お好みの角度で置いてください。
  • 貝によっては少し水もれするので注意してください。
  • 貝のフォルムが活きるよう、小花を生けるといいでしょう。
 
サザエのアレンジ

もともとが食材なので、お皿にのせても違和感がありません。ひとつは花入れに、もうひとつ小ぶりのものをそのままで


ほんとうに小さなアレンジなので、洗面所やキッチンなどにさりげなく飾ってみてはいかがでしょう。万一落としても割れず、少々水漏れしても気になりません。
 
サザエのアレンジ

ウェルカムプレート。食事が始まったら、ミニ・テーブルフラワーとして楽しめます


また、料理の盛り付けに加えたり、おもてなしのウェルカムプレートに添えてみてもいいでしょう。「素敵なアイデア!」とお客様にも好評です。大・中・小とサイズの違うサザエを並べて、オブジェ風に飾ってみても楽しいですよ。


おいしく食べたあとは、美しく変身! 手軽に手に入るサザエで、夏を華やかに彩ってみてくださいね。
 

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。