そもそも暑気払いとは?

わかりやすく、そして何となく行ってみたいと思わせるような具体的なひと言が添えられてあるだけだけで、印象が違うものです

わかりやすく、そして何となく行ってみたいと思わせるような具体的なひと言が添えられてあるだけだけで、印象が違うものです

「暑気払い」とは、言葉の意味としては、夏の暑さを払いのけることという意味をもちます。心身が夏の暑さに負けそうになる時季、心身を元気づけること、また暑さよけのために何かを催すことのような意味でも用いられます。

現在は、「暑気払い」と言えば、暑中見舞いの際に「暑気払いにと思いまして、ビールをお送り申し上げます。ご笑納くださいませ」のように、少しでも暑さを紛らわせるという意をこめた贈り物や、暑さを払いのけるための催し・飲み会などの意で使われることがほとんどでしょう。

さて、そこで社内や仲間内で暑気払いの会を催すことになりますと、案内状や乾杯等の簡単なスピーチを頼まれるということもあります。そのような場合の文例や注意点を見てみましょう。


暑気払いの案内状を出す時期は?

暑気払いの時期は、 だいたい梅雨のころから8月の上旬ぐらいまでが一般的のようです。この点では「暑中見舞い」や「残暑見舞い」と重なるものがあります。「暑中見舞い」は、梅雨明けごろから、立秋(8月8日頃)までに出すとされ、立秋を過ぎたら、「残暑見舞い」となります。

残暑見舞いは、だいたい8月いっぱいぐらいまでと言われていますが、それを過ぎてもなお暑さが続いているような場合は9月の初めぐらいまで出すという場合もあるでしょう。それに同じく、「暑気払い」も8月の上旬ぐらいまでが一般的と言われていますが、それを過ぎたらおかしいというものでもありません。

立秋前の約18日間は「夏の土用」と呼ばれ、1年のうちでもっとも暑いころとされています。その暑い盛りに相手の健康を見舞う暑中見舞い同様、暑さを払いのけ活気づけるというのが暑気払いの主旨といえるでしょう。 

参考:暑中見舞いの書き方と文例


案内状の必要項目は?

まずは、日時などの誤りがないように正確に記すことが基本です。ほかには、当日の会費はどうするのか、返事はいつまでに、誰あてになど、受け取った相手が困ることのないよう、記入漏れのないように記しましょう。

■案内状の基本構成
1:趣旨がわかるように、「○○のお知らせ・ご案内」のように題名を入れることも。
2:時候の挨拶
3:会の内容・趣旨
4:相手の参加を促すようなひと言
5:日時・場所・会費・出欠の返事・連絡先などの記載

これらの項目が入るものです。また、同じ会社の人同士とは言っても参加する人の予定を考えて、できるだけ早めに出すことも大切です。

次は文例をご紹介します >>