立春とは? 節分や旧正月との関係は?

梅にとまるメジロ

暦のうえでは春になり、春の兆しがみえ始める頃。梅の花に春を感じますね(写真は梅の木にとまるメジロ)


立春は二十四節気のひとつで、暦のうえでは春に入り、春の兆しがみえ始める頃。そのため、「立春を迎え、暦の上では春となりました」といったフレーズを見聞きすることが多いと思います。暦のうえでは、立春から5月初旬の立夏の前日までが春になります。

二十四節気には、その名の通り24の節気がありますが、とりわけ立春は特別な意味をもっています。それは、二十四節気は立春から始まり、新しい1年の始まりになるということです。旧暦では立春のころに元日がめぐってくることが多かったため、立春は春の始まりであると同時に、新しい年の始まりを意味していました。

そう考えると、立春の前日の「節分」は大晦日のようなもの。節分に豆まきをするのは、新しい年に向け邪気祓いをするためで、お正月に「迎春」「初春」「新春」などを使うのも、こうした考えに基づいています。立春から数えて88日目の「八十八夜」、210日目の「二百十日」など、立春を基準に行われている行事もあり、立春が始まりを意味していることがわかります。

また、中国や韓国などで旧正月を盛大に祝う「春節」が話題になるので、立春、節分、旧正月を混同しがちですが、旧正月は新暦からみた旧暦の正月や1月1日にあたる日を指しています。なお、二十四節気や新暦(太陽暦)は太陽の動きに基づきますが、旧暦(太陰太陽暦)は太陽と月の動きに基づくという根本的な違いがあります。

二十四節気について
節分について
八十八夜について
二百十日について


2018年の立春はいつ?

2018年の立春は、2月4日から2月18日です。なお、毎年2月4日頃~2月18日頃にあたりますが、日付が固定されているわけではありません。二十四節気は季節の移り変わりを知るためのもので、約15日間ごとに24に分けられており、1年を太陽の動きに合わせて24等分して決められるので一定ではなく、1日程度前後することがあるからです。

また、立春といっても、立春に入る日を指す場合と、立春(二十四節気の第1)から雨水(二十四節気の第2)までの約15日間をいう場合があります。

二十四節気では、立春の前は最も寒さが厳しい「大寒」で、立春の次は雪から雨へと変わり、雪解け水が大地を潤す頃という意味の「雨水」になります。
●立春前後の二十四節気の移り変わり
大寒→立春→雨水


立春の初侯・次侯・末侯

二十四節気をさらに3つに分けた七十二侯は、立春の間にこのように移り変わります。

●初侯:東風解凍(はるかぜこおりをとく)2月4日頃
東風(はるかぜ、こち)とは、春から夏にかけて吹く東寄りの風のこと。東風が吹き、氷が解ける頃という意味です。東風が吹くと寒さが緩むため、春を告げる風として春の季語になっています。菅原道真の「東風吹かば匂いおこせよ梅の花 主なしとて春な忘るな」という歌で有名です。
立春_初侯:東風解凍

東風が吹いて寒さが緩むと氷が解け始めます


●次侯:黄鶯けんかん(うぐいすなく)2月9日頃
鶯が鳴き始める頃。春先に「ホーホケキョ」と優雅にさえずる鶯は、「春告鳥」とも呼ばれ、その初音(はつね)を昔から心待ちにしてきました。
立春_次侯:黄鶯けんかん

春告鳥といわれるウグイス。なお、「梅に鶯」は取り合わせがよいものの代名詞となっていますが、実際に梅にとまっているのはウグイスによく似たメジロのことが多いです(冒頭の写真も梅にメジロ)


●末侯:魚上氷(うおこおりをいづる)2月14日頃
割れた氷の間から、魚が飛び跳ねる頃。冬の間、水の底でじっとしていた魚たちが、水温が上がってくると浅いところに移動し、飛び跳ねる様子を表しています。
立春_末侯:魚上氷

割れて水面に浮いている氷を「浮氷(うきごおり)」などといいます



「立春大吉」「余寒見舞い」「春一番」

立春を迎えると「立春大吉」というお札などを見かけるようになります。これは、立春に禅寺の門前に貼られるお札に由来し、「立春大吉」の4文字は左右対称で表から見ても裏から見ても変わらないため、節分の鬼が勘違いをして家に入ってこない(邪気払いできる)といわれています。また、立春は前述のように新しい年の始まりでめでたいため、立春の朝に搾った「立春朝搾り」の酒や、和菓子など立春に作った食べものも人気です。

暦のうえでは春とはいえ、春が産声をあげたばかりで寒い日が続きます。立秋以降の暑さを「残暑」というように、立春以降は「余寒」となり、寒さをいたわる挨拶状も「寒中見舞い」ではなく「余寒見舞い」となります。

また、立春から春分の間に初めて吹く南寄りの強風を「春一番」と呼びます。気象庁では、風速8メートル以上の風が吹き、前日より気温が上がった時に春一番を発表しています。もともとは、漁師が使っていた風を表すことばの1つで、竜巻などの突風を伴うため警戒していました。日常でも気をつけてください。


立春とひな人形

ひな人形は、立春を迎えたら飾り始めてもよいといわれています。ひな祭りには、春の訪れを祝う意味があるため、暦の上で春になる立春を過ぎればよいからです。立春は期間ですから、立春初日でも、その後の都合のよい日でも構いません。また、ひな人形は厄を移した人形を水に流していたことに由来するので、立春の次の「雨水」に飾り始めると厄払いに効果的で、良縁に恵まれるともいわれています。どうしようかと迷った時の指標にしてください。
ひな人形について


立春の時期の行事

まだまだ気温も低く防寒具も手放せませんが、日脚も延びて日差しも明るさを増してきます。本格的な春に先がけて咲く梅に小さな春を感じる時期で、梅の名所では「梅まつり」の準備が始まります。

そして立春には、初午、針供養、建国記念日、バレンタインデーなどがあります。
初午について
針供養について
バレンタインデーについて


<関連記事>
意外と知らない「二十四節気」のいろは
【保存版】暮らしを彩る12か月の行事・風物詩リスト


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。