節分を知ろう!由来・豆まきの方法・恵方巻の食べ方・節分と鰯(いわし)の関係

節分に豆まきをしたり、恵方巻を食べたりするのはなぜ?

節分に豆まきをしたり、恵方巻を食べたりするのはなぜ?

2月3日(年によっては4日)は節分です。節分に豆まきをしたり恵方巻を食べる方はとても多く、数ある年中行事の中でも人気が高いものです。節分は皆の幸せを願う楽しい行事! どうせやるなら、意味や方法をしっかり押さえておきましょう。

【 INDEX 】
1.分の由来/鬼を知ろう    
2.豆まきのしかた  
3.恵方巻の由来と食べ方/鰯と柊について

節分の由来・起源 なぜ豆まきをして鬼を追い払うようになったの?

そもそも節分とは何でしょう? 本来、節分は季節の分かれ目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいい、年に4回ありますが、これが室町時代あたりから立春の前日だけをさすようになりました。なぜなら、春を迎えることが新しい年を迎えることでもあったため、最も重要だったからです。

昔は、季節の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられていました。中でも重要なのは、年の分かれ目です。旧暦では新年が春から始まったため(※)、立春の前日の節分は、大晦日に相当する大切な節目だったのです。

※立春の頃に元日がめぐってきました。
※立春は二十四節気の最初の節気。二十四節気のことを知ると、節分の重要性が分かります 
 詳しくは「意外と知らない二十四節気のいろは

古代中国では、大晦日に「追儺(ついな)」という邪気祓いの行事がありました。これは、桃の木で作った弓矢を射って、鬼を追い払う行事です。これが奈良時代に日本に伝わり、平安時代に宮中行事として取り入れられました。その行事のひとつ「豆打ち」の名残が「豆まき」で、江戸時代に庶民の間に広がりました。豆を“打つ”から“まく”に変わったのは、農民の豊作を願う気持ちを反映し、畑に豆をまくしぐさを表しているからです。

こうして、新年を幸多き年にするために、災いをもたらす鬼を追い払う節分行事が定着していきました。

 

節分の「鬼」は何を意味する? いつどこからやってくるの?

鬼

鬼の服はヒョウ柄ではありません!?

■なぜ節分の日に鬼をやっつけるの?
では、なぜ架空の鬼をやっつけるのでしょう? 鬼は邪気や厄の象徴とされ、形の見えない災害、病、飢饉など、人間の力を越えた恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えたからです。「おに」という言葉は「陰(おん)」に由来し、「陰」とは目に見えない気、主として邪気をさし、それが「おに」だといわれています。また、隠れているこわいものとして「隠人(おんにん)」が変化したという説もあります。

■なぜ鬼はあんな格好をしているの?
鬼が住むとされる「鬼門」は丑寅の方角なので、鬼は牛(丑)の角と虎(寅)の牙をもち、虎皮の服を着ています。

■鬼はいつ、どこからやってくるの?
鬼門である丑寅は、時刻にあてはめると深夜2時~4時ぐらいで、方角でいうと北東となるため、真夜中に北東からやってきます。