まさか、節分に撒かれるとは…。ビールの友・落花生の実(ピーナッツ)は土の中で育ちます。

豆まきに落花生?の謎

新婚のAさん夫婦。初めて迎える節分を前にして、こんな出来事がありました…

夫「ただいま」
妻「お帰り~。あれっ落花生?…おつまみ買ってきたの?」
夫「違う違う。もうじき節分だから」
妻「節分だと落花生が食べたくなるの?」
夫「違うって!一緒に豆まきがしたいから!」
妻「なのにどうして落花生?」
夫「鬼は~外ってするため!!」
妻「???」

話が全く噛み合いません。大多数の方が妻同様「夫よ何を言ってるの?」と感じるかもしれませんが、「そうだ!夫の行動は正しい」とエールを送る方もいるのです。また「違う!節分には太巻きを食べるの!」と主張する方はこちらもご覧ください→「恵方巻(丸かぶり寿司)の謎を解明」

では、Aさん夫の行動を解明しましょう。

【 INDEX 】
1.節分には落花生!?……果たして風習は存在するのか
2.落花生って合理的!……大豆派もうなるその実態
3.いつ・どこで・なぜ始まったの?……理由と広がり


北海道・東北・信越地方では落花生で豆まきをする!?

本当に落花生で豆まきをしているのか?ガイド自身、「落花生だと小さい子でも安心なのでいいですよ」とか「掃除が楽だから落花生にしました」という話は知っていましたが、風習として存在するものなのか気になります。

そこで、友人・知人に聞いても限界がありますのでネット上で幅広くリサーチしてみた結果、なんと、北海道、東北、信越地方ではおよそ8割以上の方が落花生を使っているらしいのです。また、九州(特に鹿児島県と宮崎県)でも3割程度の方が落花生を撒くらしいということがわかりました。

風習として存在した落花生の豆まき。しかも、そこには驚きの発見があったのです >>>