典型的な豆まきのしかた

住宅事情もあって豆まきが出来る家庭も減少ぎみ。豆まきが出来ることも幸せなのかもしれません…福は内~!
豆まきのしかたも千差万別。各家庭でいつのまにかできた我が家のルールがあるものですが、典型的な(家庭版)豆まきのしかたも参考にしてみてください。

●1: 福豆を準備します
……福豆とは炒った大豆のこと。豆を炒り、豆まきをする夜まで枡、または三方(神様にお供えものをする器)に入れて神棚に供えておきます。

●2:豆まきは夜に行います
……鬼は真夜中にやってくるので、豆まきは夜が適しています。必ず家族全員揃ってから行いましょう。

●3:豆を撒くのは一家の主人
……本来は家長の役目ですが、年男、年女、厄年の人が豆まきをする場合もあります。とはいえ、家族のイベントという意味合いも強いので家族全員でどうぞ。

●4:「鬼は外!福は内!」と豆を撒く
……家の玄関や窓を開けて「鬼は外!」と豆を撒き、鬼が戻らないようすぐに戸や窓を閉めてから、「福は内!」と部屋の中に撒きます。奥の部屋から順番に鬼を追い出すようにして最後は玄関まで撒きましょう(口上、回数、順番などは地方によって異なりますし、珍しい事例がたくさんあります)。胸の辺りで枡を持ち、そこから撒くような感じで撒きましょう。(→こちらの神主さんの写真をお手本にどうぞ)

●5:最後に豆を食べましょう
……豆まきが終わったら、1年の厄除けを願い、自分の年齢よりも1つ多く豆を食べます(新しい年の厄払いなので1つ多く食べる、いわゆる 数え年として1つ多く食べる、もともとが数え年と考え新年の分を加えて2つ多く食べる、満年齢のまま食べるなど、地方によって異なる場合もあります)。数が多くて豆が食べきれない場合には、福茶を飲む方法でも構いません。(→節分の豆の食べ方…福茶でhappy!


この太巻きをひとり1本食べる「恵方巻き」。さてその食べ方のルールとは…
年中行事は“地方によって違う”とよく言われますが、節分は“家”によって違う場合も多く、父や母が節分のルールブック。みなさんのお家ではどんな節分ルールですか?

■落花生を撒く!というお宅もあるようです
「節分に落花生を撒くって、有りですか?」
■太巻きを丸かぶりする家庭が急増中 
「恵方巻(丸かぶり寿司)の謎を解明」

いずれにしても、季節を彩るアクセントとして大切にしたいものですね。

< おすすめ関連記事 >
鬼は外?内?…節分の豆まきと珍風習
リビングに映える、節分の和モダン飾り
節分の豆の食べ方…福茶でhappy!
意外と知らない二十四節気のいろは

暮らしの歳時記トップへ