鬼は内?外?豆まきの多彩な風習や各地の節分行事食

鬼は外、鬼は内、鬼も内 福は内……節分豆まき風習

福は内~鬼は外?鬼も内?節分にはユニークな風習がたくさん

節分の豆まきの口上といえば「福は内、鬼は外」が定番ですが、日本各地には「鬼は外」をタブーとする場合がたくさんあります。恵方巻(丸かぶり寿司)落花生まきだって変り種でしょう。そこで今回は、節分のおもしろい風習をご紹介します。

【豆まきの風習 目次】  

【社寺編】鬼を祀っているので「鬼は外」はタブー!

節分

節分の鬼のとらえ方は社寺によって違います

  • 仏立山真源寺(東京都台東区)→「福は内、悪魔外
    鬼子母神を御祭神としており、「恐れ入谷の鬼子母神」で有名。鬼子母神とは、他人の子供を襲って食べてしまう鬼神でしたが、見かねたお釈迦様が彼女の末子を隠し、子供を失う悲しみを諭します。それ以来仏教に帰依するようになり、子供の守り神となりました。
  • 鬼鎮神社(埼玉県比企郡嵐山町)→「福は内、鬼は内、悪魔外
    鎌倉時代の勇将・畠山重忠の館の鬼門除けとして建立したので「悪魔外」。また、金棒を持った鬼が奉納されているので「鬼は内」です。
  • 元興寺(奈良県奈良市)→「福は内、鬼は内
    寺に元興神(がごぜ)という鬼がいて、悪者を退治するという言い伝えがあります。
  • 稲荷鬼王神社(新宿区歌舞伎町)→「福は内、鬼は内
    「鬼王」として「月夜見命」「大物主命」「天手力男命」の三神を祀っています。
  • 天河神社(奈良県天川村)→「鬼は内、福は内
    鬼は全ての意識を超えて物事を正しく見るとされているため、前日に「鬼の宿」という鬼迎えの神事を行い、鬼を迎い入れてから節分会をします。
  • 金峯山寺蔵王堂(奈良県吉野郡吉野町)→「福は内、鬼も内
    全国から追われた鬼を迎い入れ、仏教の力で改心させます。
  • 千蔵寺(神奈川県川崎市)→「福は外、鬼は内
    厄神鬼王(やくじんきおう)という神様が鬼を堂内に呼び込み、悪い鬼に説教をして改心させ社会復帰させます。
  • 大須観音(愛知県名古屋市)→「福は内」のみ
    伊勢神宮の神様から授けられた鬼面を寺宝としているため「鬼は外」は禁句です。
  • 成田山新勝寺(千葉県成田市)→「福は内」のみ
    ご本尊の不動明王の前では鬼も改心するとされています。
 

【地域編】鬼さん、いらっしゃ~い 

  • 群馬県藤岡市鬼石地区→「福は内、鬼は内」
    鬼が投げた石でできた町という伝説があり、鬼は町の守り神。全国各地から追い出された鬼を歓迎する「鬼恋節分祭」を開催しています。
  • 宮城県村田町→「鬼は内、福も内」
    羅生門で鬼の腕を斬りとった男(渡辺綱)が、この地で乳母にばけた鬼に腕を取り返されてしまったため、鬼が逃げないよう「鬼は内」といいます。
  • 茨城県つくば市鬼ケ窪→「あっちはあっち、こっちはこっち、鬼ヶ窪の年越しだ」
    あちこちで追いやられ、逃げ込んできた鬼がかわいそうで追い払うことができないため「あっちはあっち、こっちはこっち」。節分の豆まきは新春(立春)を迎える前日の厄払いであり、昔は新年を迎える前日としてとらえていたので「鬼ヶ窪の年越しだ」と言っていたそうです。
 

【家の事情編】鬼を追い出すと家が困ってしまいます

豆まき

豆まきにも家庭の事情が反映されています

  • 鬼頭さん、鬼沢さん、九鬼さんなど名字に「鬼」のつく家→「鬼は外」以外の口上が多い
    鬼を追い出してしまったら、縁起が悪いからです。
  • 伝統的な商家→「鬼は内」
    商家では鬼=大荷としてとらえ、大きな荷物が内(家・お店)に入らないと商売繁盛につながらないため、「鬼は内」というところが多いのです。
  • ワタナベさん→鬼を退治する必要がないので「鬼は外」と言わない(豆まきもしない⁉)
    平安時代に渡辺綱が鬼退治をしたため、鬼たちがワタナベ一門を恐れ、子孫にも近づかなくなったという説があります。
 

ごもっとも~と合いの手を入れる人がいます

節分豆まき ごもっとも ごもっとも

豆まき役のほかに、すりこぎを持って「ごもっとも、ごもっとも」と言う人がいます。(すりこぎは「あたり棒」ともいい、当たって縁起の良いものとされています)

  • 京都の一部では、豆まきをする人の他に、すりこぎ・しゃもじ・扇などを手にした人が「ごもっとも、ごもっとも」と合いの手をいれます(主に客商売や芸事の家に残る風習で、一般家庭では稀なようです)。
  • 三峯神社(埼玉県秩父市)の節分会は、通称「ごもっとも神事」として有名です。裃姿の年男が豆をまくと、後にひかえた添え人が「ごもっともさま」と叫びながら、ごもっともさまと呼ばれる棒を突き上げます(巨大なすりこぎのような棒で、男性を象徴しているそうです。豆を入れた枡が女性を象徴しており、子宝に恵まれるというご利益もあります)。
 

節分に「豆占い」をする地域

豆占いは明治期に全国的に行われていた風習で、囲炉裏に12か月に見立てた豆を12個並べ、その焼け具合で各月の天候を占います。

豆が白い灰になった月は晴れ、黒く焦げたら雨、豆がころがったら強風など。今でもこの風習が残っている地方があります。また、湯の中に豆を入れ、それを見ずにすくえたらその年良いことがある、という豆占いもあるそうです。
 

恵方巻き以外もある!縁起の良い節分の食べ物

鬼は鰯の臭いが苦手なので、鰯を焼いて臭いを強めます

鬼は鰯の臭いが苦手なので、鰯を焼いて臭いを強めます


  • 鰯(いわし)を食べるのは、鬼の嫌いな「臭い鰯」で鬼退治をする「焼嗅(やいかがし)」という風習に由来します。焼嗅の説明や画像はこちらです「押さえておきたい豆まきのツボ」。
  • こんにゃく
    四国をはじめ全国各地で、節分に食べる風習があります。これを「砂おろし」といい、体内にたまった砂を出すと考えました。昔の人はこんにゃくを「胃のほうき」「腸の砂おろし」と呼び、大晦日や節分、大掃除のあとなどに食べていました。
  • そば
    全国各地で節分にを食べる風習がみられます。立春の前日は大晦日のようなものなので、大晦日の年越しそばと同じように、節分にそばを食べるようになりました。
  • くじら
    山陰地方では節分にくじらを食べる風習があります。大きなものを食べて邪気を払い、大きな幸せを得るためだと考えられています。
  • けんちん汁
    関東地方では節分に食べる例がみられます。節分のみならず、けんちん汁は恵比須講、初午など冬の行事食としても親しまれているのですが、家庭からこうした行事がすたれてしまったので、おなじみの節分にけんちん汁が残ったものと思われます。また、節分の大豆をけんちん汁に入れる場合もあります。
  • 恵方巻き
    行事食として定着してきたその変遷は「恵方巻(丸かぶり寿司)の謎を解明」です。
  • 福茶
    全国的に飲む風習がみられます。福茶は、「よろこぶ」につながる昆布と松竹梅の梅が入ったおめでたいお茶で、お正月にもいただく縁起のいいものです。節分にはさらに「3」という吉数の豆が入り、1年間「まめまめしく働ける」という意味もあります。節分の豆を年の数だけ食べられないときにも重宝し、豆がお湯にふやけておいしくいただけます。福茶の入れ方はこちら「節分の豆の食べ方…福茶でhappy!」。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。