季節の風物詩・節分をオシャレに飾りましょう

本来は神棚にお供えした豆をまくのですが…(画像提供:三兼
もともと、豆まきの豆は神棚にお供えしてからまくものですが、忠実に実践できる方は少ないでしょう(詳しくは「豆まきの由来や正しいやり方」で解説)。

そこで、豆をお供えする感覚を生かして飾ってみましょう飾るからにはセンス良く! 今回は「枡を使ったおしゃれな節分飾り」と、「皿を使った手軽でかわいい節分飾り」をご紹介します。

<目次>

桝を使ったおしゃれな節分飾り~豆まきの豆と桝で和モダンな花飾りに

上等な枡は数千円しますが、100円均一ショップでも売っています!
節分に不可欠な、大豆・枡(マス)・柊(ヒイラギ)を使って、和モダンな花飾りに仕上げます。
おしゃれな節分飾り1~桝

桝を使ったおしゃれな節分飾り:色々なサイズの桝がある

いろいろなサイズの枡がありますが、重ねてみるとご覧の通り。
1合(約180ml)< 3合 < 5合 < 1升
1合枡はお米を量ったり、お祝い事で使ったりするのでお馴染みですね。いずれも良質のものは数千円しますが、100円均一ショップでも扱っています。
 
おしゃれな節分飾り1~桝を重ねる

桝を使ったおしゃれな節分飾り2:大小の桝を重ねる

大小2つを選んで重ねます。今回は1合枡と5合枡を使用。お好きなところにバランス良く重ねてください。
おしゃれな節分飾り1~花を生ける

桝を使ったおしゃれな節分飾り3:花をアレンジする

5合枡の中に器を入れ、ヒイラギと花をアレンジ。ヒイラギは1枝300円程度です。1合枡には豆まきに使う大豆を盛り、ポイントにヒイラギの葉を1枚のせておきます。
 
おしゃれな節分飾り~桝を重ねて整える

桝を使ったおしゃれな節分飾り4:桝を重ねて整える

上に1合枡を乗せて出来上がり! バランスよく乗せれば、落ちる心配はありません。
 
おしゃれな節分飾り1~後ろからみたところ

桝を使ったおしゃれな節分飾り5:後ろからみたところ

どの角度から見てもスマートなので、置く場所を選ばず重宝するでしょう。お供えしたのと同様に、この豆と桝で豆まきしてOKです。
 

皿を使った手軽でかわいい節分飾り~ヒメヒイラギや鬼のピックがアクセント

ここでは枡を使わず、お手持ちの皿を使ったアイデアをご紹介します。
おしゃれな節分飾り1~白い皿に豆を盛る

皿を使った手軽でかわいい節分飾り1:白い皿に豆を盛る

白い皿に大豆を程よく盛り、ヒメヒイラギをのせます。このままでも、現代版のお供えになります。
おしゃれな節分飾り2~ヒメヒイラギに鬼のピックをプラス

おしゃれな節分飾り2~ヒメヒイラギに鬼のピックをプラス

ヒメヒイラギの鉢植えに手作りの鬼ピックをプラスし、豆と一緒にディスプレイすれば完成!

【 鬼のピックの作り方 】
鬼を描く→ 紙を二重にして切り取る→ 竹ひごを挟んで紙を貼り付ける。
鬼のピックをお子様と一緒に作ると、楽しさも倍増します♪


【ヒメヒイラギ】
 

今回は、いかにも節分らしいヒイラギの代わりに、鉢植えのヒメヒイラギを使いました。ヒメヒイラギはとても小さくてかわいらしいミニツリー(でもしっかりトゲがあり鬼退治にぴったり。刺さると痛いので扱いにはご注意ください)。丈夫で育てやすく、節分後は寄せ植えなどにして長く楽しめます。300円程度と価格もお手頃です。

 

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。