今年の冬至はいつ?冬至とは?意味や食べ物・ゆず湯に入るのはなぜ?

冬至にはハッピーになる食べ物や習わしがたくさんあります

冬至にはハッピーになる食べ物や習わしがたくさんあります

今年の冬至はいつかというと、2019年12月22日です。
冬至といえば、かぼちゃとゆず湯! 柚子湯に入るのは風邪をひかないため、かぼちゃが冬至の日の食べ物なのは運盛りの語呂合せ……とはよく知られる由来ですが、本当にそれだけなのでしょうか?いえいえ、冬至にはもっと深い理由があります。しかも、冬至はとてもハッピーな風習なのでした。
 

冬至とは?冬至の日は日照時間が最も短くなる

冬至とは…冬至の日は昼が1番短い日=夜が1番長い日

冬至は昼が1番短い日=夜が1番長い日です

冬至とは、北半球において太陽の位置が1年で最も低くなり、日照時間が最も短くなる日。冬至はいつかというと、固定ではなく毎年変動し、12月21日頃にあたります。冬至の日の日照時間を、太陽の位置が1年で最も高くなる夏至(同様に6月21日頃)と比べると、北海道の根室で約6時間半、東京で約4時間40分もの差があります。

【冬至の日付】
  • 2019年12月22日
  • 2020年12月21日
  • 2021年12月22日
  • 2022年12月22日
  • 2023年12月22日
  • 2024年12月21日
  • 2025年12月22日
  • 2026年12月22日
  • 2027年12月22日
  • 2028年12月21日
  • 2029年12月21日
  • 2030年12月22日
 

冬至の日を境に運が向いてくる「一陽来復」って?

冬至の日を境に運が向いてくる「一陽来復」

「一陽来復」 あなたの運も上昇させましょう!

1年で最も日が短いということは、翌日から日が長くなっていくということ。そこで、冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえ、古くから世界各地で冬至の祝祭が盛大に行われていました。太陰太陽暦(いわゆる旧暦)では冬至が暦を計算する上での起点です。

中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意の「一陽来復(いちようらいふく)」といって、冬至を境に運が向いてくるとしています。つまり、みんなが上昇運に転じる日なのです!
 

冬至は英語で何という?

冬至は北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日(=1年で最も日が短い日)なので、日本以外でも当然冬至はあります。

冬至は英語で「the winter solstice」といいます。「Solstice」は至、至点という意味なので、「the winter solstice」はまさに冬至です。また、冬の中間点という意味で「midwinter」とも言います。もし「the winter solstice」「midwinter」がわからなかったら、「the shortest day of the year」(1年で最も日が短い日)でも、冬至だということを伝えることができます。
 
なお、南半球においては夏至なので、「the summer solstice」、「midsummer」、「 the longest day of the year」になります。
 

豆知識!冬至はクリスマスのルーツ!?

クリスマスは、太陽の復活を祝う古代ヨーロッパの祝祭とキリストの生誕が結びついたもので、その年の冬至が12月25日だったため、諸説あったキリストの降臨日が12月25日になったといわれています。

それでは、なぜ冬至にかぼちゃを食べるのでしょう? また、かぼちゃ以外にも冬至の日の食べ物を次のページで紹介します