妊娠23週 胎動の様子やエコー写真で見る胎児の大きさ・体重

妊娠23週(23w)胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠23週(23w)の胎児のエコー写真・超音波写真

■妊娠23週(妊娠6ヶ月:受精から147~153日目)
■胎児と子宮の大きさ
 
  • 頭殿長(座高)30cm・体重は450~650g程
  • 子宮底長が18.8~22.8cmほど
なお、妊娠22週未満は流産、22週以降を早産と決められていて、まだ生まれてくるには早すぎますが、妊娠23週は新生児治療の対象となる週数です。

INDEX
23週は肉や骨、内臓組織の発達で胎児の体重増加
胎児は聴覚の発達で色々な音を聴いている
胎児のすい臓が発達してきている
母体は母乳の準備をしっかり始めています
こむら返りは心配な症状ではない
 

妊娠23週の胎児は 肉や骨、内臓組織の発達で体重増加

妊娠23週(23w)の赤ちゃんは、安定したぺースで成長を続けています。特に体重の増加が著しいのですが、この時期の体重増加分のほとんどは、筋肉や骨、内臓組織の発達によるものです。どんどん大きくなっていくので、赤ちゃんにとって子宮の中は狭くなってくるような感じがしますが、この狭さが赤ちゃんにとっては、とても快適なんです。

赤ちゃんの皮膚は今はかなりシワシワですが、これから皮下脂肪が少しずつ増えて、筋肉も発達してくると皮膚の表面はなめらかになっていきます。そのためにもお母さんはきちんと栄養を摂りましょう。

赤ちゃんの顔も体もだいぶ生まれる頃のものに近くなってきましたが、皮膚には骨や内臓や血管がまだ少しだけ透けて見えます。上下のまぶたもできてきました。

 

23wの胎児は聴覚の発達で色々な音を聴いている

胎児はおなかの中でお母さんの声や心音などいろいろな音を聴いています

胎児はおなかの中でお母さんの声や心音などいろいろな音を聴いています

妊娠20週位からでき始めてきた聴覚が発達中で、赤ちゃんはお腹の中で、本当に色々な音を聞いています。いちばん聴いている音はお母さんの心音、肺を空気が満たす音、息を吐く音、お腹や腸がなる音、そして、お母さんの声です。完成するのは妊娠26週くらい、生まれて間もない赤ちゃんは、すでにお母さんとの声を聞き分けられるといいます。

聴覚が発達してきて、胎動も日ごとしっかり感じられるようになるので、お腹の中の赤ちゃんにたくさん話しかけてみましょう。

 

胎児のすい臓が発達してきている

23wの胎児は、膵臓(すいぞう)が発達してきています。膵臓からは血中の糖を取り込む作用を促し、グリコーゲンの合成を行うことで血糖値をさげ、その一方で脂肪を蓄積させる働きのあるインスリンが分泌されます。インスリンは赤ちゃんにとっては、成長ホルモンの役割もあるんですよ。

 

妊娠23週の妊娠生活
母乳の準備をしっかり始めています

お母さんの身体は、母乳の準備がしっかり始まっています。案外、意識していないようですが、僕たち人間も哺乳類です。母乳の出る量は人それぞれかもしれませんが、おっぱいが出ないお母さんはいないんです。ただ、赤ちゃんがうまく飲めるかどうか、乳首や乳輪をやさしくつまんだり、乳首の状態を知っておきましょう。

妊娠中に乳房や乳首のマッサージをする必要は特にはありませんが、出産までに一度は助産師さんにおっぱいを見てもらうといいですね。

 

こむら返りは心配な症状ではない

こむら返りが起きたら、足を延ばして筋肉のストレッチを

こむら返りが起きたら、足を延ばして筋肉のストレッチを

大きくなった子宮が横隔膜を押し上げるため、心臓が圧迫されるようになります。また、血液量が増えるため、通常時より心臓に負担がかかり、動悸や息切れが起きるでしょう。そんな時は楽な姿勢で休むようにしてください。

また下半身の血行が悪くなるため、足の筋肉に負担がかかってきてふくらはぎにこむら返りが起こってきます。夜寝ているときにみられることが多く、なかなか予防はできません。ただし、こむら返りは妊娠や赤ちゃんに心配な症状ではありません。足を延ばして、親指を引っ張ったり、筋肉のストレッチをすることでラクになります。

 

妊娠週数別記事

 

妊娠月数別記事

 

関連記事

ユニクロマタニティーはマストバイアイテム勢揃い
胎動はいつから分かる?どんな感じ?
胎動カウントのすすめ 意義・方法・グラフ
胎動の基礎知識と種類!いつからどの位置で動くのか?
妊娠が「安定期に入った」ってどんな意味?
赤ちゃんの性別が分かる時期って?
妊娠中のお腹の張り、原因と対処法
妊娠中からの母乳ケア
母乳が出る仕組み
早産のサインがあったらどうすればいいの?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。