妊娠22週 エコー写真で見る胎児の大きさ・体重・22週の壁とは

妊娠22週(22w)胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠22週(22w)の胎児のエコー写真・超音波写真

■妊娠22週(妊娠6ヶ月:受精から140~146日目)
■胎児と子宮の大きさ 
  • 頭殿長(座高)が25~28cm、体重は400~500gほど
  • 子宮底長が18.2~22.2cmほど
 

妊娠22週頃は胎児の顔立ちがはっきりしてくる

赤ちゃんの皮膚は、赤みがかかり、やや透けて見えるものの、かなり厚くなってきています。顔には、まゆ毛やまつげが生え、上下のまぶたも整います。ようやく顔立ちがはっきりとしてきます。つめも完全にできあがって、伸び続けています。

 

22週の壁?! 22週未満は流産/22週以降は早産

妊娠22週未満は流産、22週以降を早産と決められていて、まだ生まれてくるには早すぎますが、新生児治療の対象となる週数に入ってきました。ネット検索の中で「22週の壁」と言う言葉が生まれているようですが、医学的にはそのような用語はありません。妊娠22週を境にして、流産から早産と言われるようになるため、できた言葉だと思います。

 

22wは胎児の呼吸器発達が進む

胎児の呼吸器の発達が進んでいます

胎児の呼吸器の発達が進んでいます

22w頃は、胎児の呼吸器の発達が進んでいきますが、息を吸ったときに酸素をたくわえて、その酸素を血液中に送る働きができるになるのはもう少し先になります。ただし、お腹の中では、お母さんの胎盤からお臍をとおして酸素が運ばれてきてくれるので大丈夫です。生まれたときにきちんと呼吸ができるように、肺の発達はゆっくりと進んでゆきます。

内臓や各器官もだいぶ完成に近づき、それぞれの動きが活発になります。

 

聴覚の発達で大きな音にびっくりするように

22w頃になると、中耳の骨が固くなってきて、より音の伝導もよくなってきました。赤ちゃんは音の情報を脳に伝えることができるほど聴覚が発達していますが、脳にはほかの情報がないので、それが何の音かの判断はまだできません。

まだ「誰かが話をしている」「犬が鳴いている」などの区別はつきません。でも、大きな音にびっくりする反射が起きたり、音の大小などは記憶されていきます。

 

妊娠22週の妊娠生活
規則正しい生活を心がけ、胎動などを通し妊娠生活を楽しもう

胎動を通して赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみましょう

胎動を通して赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみましょう

妊娠生活にもすっかり慣れてきたころでしょうか。妊娠前より多少制限がある生活だと思いますが、いちばん大切なのは「健康に過ごす」ことです。できるだけ規則正しい生活を心がけ、無理をしないで、上手に気分転換をしながら妊娠生活を楽しむことが基本です。

胎動で赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しむことも、段々とできるようになってきます。ママが「キック」と言っておなかを軽くたたくと、赤ちゃんがママの声と振動に反応して蹴り返してきます。ただ、反応が早い子もいれば、ゆっくりの子、しない子もいます。それは、それで心配ないので、あせらず気楽に楽しみましょう。

胎動の基礎知識と種類!いつからどの位置で動くのか?

 

静脈瘤は産後に治ります

妊娠中は、大きくなってきた子宮が血管を圧迫し、下半身の血液循環が悪くなるため、静脈瘤ができやすくなります。予防には、マッサージや足を高くして寝るなど、血液循環を良好にする工夫をしたり、市販の弾性ストッキングが有効です。静脈瘤は産後に治るのであまり心配しなくても大丈夫です。

またお母さんの体は今までのどの時期よりもタンパク質が必要になります。ただし、肉類に含まれるリンを過剰摂取すると、足の甲や足首のむくみ、こむら返りの原因にもなります。肉類ばかりではなく、魚や大豆などの植物性タンパク質も利用しましょう。

妊娠中の体の疑問・悩み

 

おりものの分泌量が増えてきます

妊娠がすすみ、おりものの分泌量が増えても、多少不快症状はあるでしょうが、かゆみなどがなければまず心配はありません。分泌量が増えることで、産道になる腟の感染を防いでくれる役割があります。赤ちゃんを育み守るため、ママの体は本当にうまくできています。

 

妊娠週数別記事

 

妊娠月数別記事

 

関連記事

ユニクロマタニティーはマストバイアイテム勢揃い
胎動はいつから分かる?どんな感じ?
胎動カウントのすすめ 意義・方法・グラフ
妊娠が「安定期に入った」ってどんな意味?
赤ちゃんの性別が分かる時期って?
妊娠中のお腹の張り、原因と対処法
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。