基本的に、自転車に乗るのは好き。
でも、自転車そのものに、あまりこだわりはなくて、
極端な話、動けば、いい、ぐらい。
とはいえ、最近、ちょっと愛情がなさすぎるかも。

雨ざらしだし、泥がはねてるし、錆びてきちゃったし。
まぁ、屋根もないようなスペースに置いてあるんだから、
傷んでしまうのは当然なわけで。

家を建てる時、駐車スペースの奥に
2台分の自転車を置くスペースだけは確保した。
あとは、カバーでもすればいいかな、と思っていたけれど、考えが甘かったな。

忘れがちな、駐輪スペース

一戸建てのプランニングの際に、エクステリアはどうしても後回しになりがち。アプローチや駐車スペースは確保するものの、それ以外は、庭にするのかデッキを設けるのかなど、引っ越してから、という場合も多い。けれど、一緒に検討することで、まとまりのある住まいとなることはもちろん、使い勝手も大きく変わってくるものだ。

特に、アプローチや駐車スペースと同時に考えたいのが、自転車を置くスペース。子育て世代であれば、何台もの自転車を持っている家庭も多いはず。置きやすく使いやすいスペースを確保しておかなければ、外まわりが乱雑な印象になってしまうことも。

「駐輪スペースがないので、子供が門扉そばや玄関前に置きっぱなしに」「狭いカーポートに置いたら倒れてしまい、車を傷つけてしまった」「道路から遠くて、結局使わなかった」「屋根がないので雨ざらしに」などということにも、なりかねない。

台数や使用頻度を伝えておく

イメージ

限られた敷地なので、重ねて置くしかなかったが、スロープは使いやすい

プランニングの際には、スペースの確保はもちろん、道路から行き来がしやすいか、置きやすく出しやすいか、転倒への対策も検討しておきたいポイント。建物本体に余裕があれば、玄関を広くしたり、広めの土間収納(シューズ・イン・クローク)などを確保するのもいいかもしれない。

どんな駐輪スペースがあれば使いやすいかどうかは、持っている自転車の数(将来的に増えるかどうかも含めて)はもちろん、だれが使うのか、どのくらいの頻度で使用するのかによっても大きく変わってくるもの。事前に、設計担当者に伝えておくことを忘れずに。

メーカー商品としては、屋根を持つサイクルポートやテント式のタイプ、建物本体の壁に設置するルーフなどもみられる。転倒を防ぐ車輪止めも。いずれも施工を伴うもの、自分で設置できるものがあるので、プランニングと同時に検討したい。

予想外の風で、カバー断念

で、わが家の場合、自転車置き場は、駐車スペースの奥。室外機などが並ぶ、裏手壁側に2台並べて置いてある。駐車スペースは多少広めなので、自転車を押しながらでも、車の脇を通ることができるのはラク。段差部分は階段ではなく、そのまま押していくことができるスロープに。これは正解。ただ、狭い敷地なので重ねて置くしかできなかったこと、雨ざらしになってしまうことは、もうひとつだったかも……。

敷地の狭さはどうしようもないとして、雨に関してはカバーをつければいいかな、と思っていたのだけれど、隣家との間のスペースは、予想外の強風が通り抜け、バタバタとうるさい。台風の時は、風船のように膨らみ、外れてしまう。それに、正直、外したり付けたりも面倒だったし、外したカバーを収納しておく場所も見つからず、結局、カバーは断念。

「海の近いこの街では、錆びている自転車が普通。ピカピカの自転車乗りは新参者さ」という、地元の友人の言葉を思い出し、そういう意味では、自転車だけをみれば、もう、すっかり地元に馴染んでいる、ということで諦めるか……。思案中、である。


【関連記事】 建築家に依頼して建てた 小さな家での暮らしのエッセイ
<空間づくり〉
2階リビングの住み心地 ・高けりゃいいってもんじゃない ・引き戸がいっぱい! ・浴室に掃き出し窓 ・トイレはふたつ必要か? ・バルコニーで朝食を されど階段 ・眺めはいい方が、やっぱりイイ! ・50代の家づくり。わが家の場合 ・少し年上の建築家に 
<使い勝手〉
掃除のしやすい窓しにくい窓 ・ウッドデッキとつながった洗濯物干し場 ・「ちょい掛け」できる? ・玄関の内側にポストを設けてみたら ・階段下に屋外収納 ・「傘立て」の居場所 ・玄関脇のウォークインクロゼット ・玄関に160センチの木製バー ・「見える」収納 ・自然の素材は覚悟がいる 
<海辺の土地で〉
海が見える暮らしと塩害と ・一戸建ての醍醐味というけれど…… ・四季を過ごしてわかったこと ・周辺環境を、買う ・周辺環境の変化の予測は難しい
<日々の暮らし〉
試行錯誤の庭づくり ・梅雨になるとカビが…… ・わが家の網戸モンダイ ・ダイニングチェアの座面を 張り替えてみた ・暮らしの中には、心地よい音もあれば…… ・一戸建ては忙しい、かも ・一生モノの家具 ・玄関灯と節電と ・わが家のロフトに観葉植物がある理由 ・模様替えができない ・額に入れれば立派な家宝 ・家づくりと夫婦歴


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。