新しい家での初めての梅雨。
換気は意識していたものの、
空気は淀み、湿気は溜まり、
予想していなかったところにカビが生えた。

雑木に囲まれ、海風を受ける環境に暮らして3年。
天気や風向きのチェック、窓の開け方や換気扇の動かし方など、
なんとか、家との付き合い方が分かってきた気もするが……。
わが家の湿気対策は進化中?

床下収納を開けてみれば

イメージ

雨の日の庭は、清々しく感じるけれど、うっかり窓を開けてしまうと、湿気が入り込んでくる……

マンション暮らしが長かったせいか、地面からの湿気というものに、無頓着だったワタシ。新しい家での最初の梅雨は、2階よりも1階が要注意、ということを実感した。

たとえば、ウォークインクロゼット。床面積の狭いわが家は、収納スペースをプランニングすることも大変だったが、かろうじて確保できた貴重な空間。換気扇と窓を設けて、なんとか空気が淀まないように設計してもらったが、モンダイは、少しでも収納量を増やすために設けた床下収納だった。

引越し時に、ほとんど使わないようなガラクタを放り込んでおいたのだが、ある日、開けてみたら紙箱にカビ。他のモノも、何となくじっとりしていて……。普段開けておくわけにもいかないし、空気が淀む典型的な場所だな、ということに、改めて気がつき、せっかく設置したけれど、収納するモノはかなり限定されることになってしまった。

畳がうすく青っぽい

1階には、趣味室兼客間の小さな和室がある。梅雨の時期、数日間使わなかったら、畳がなんとなく青っぽい。掃き出し窓もあるし、換気扇も設けているのだが、風の通り道にならない一角に、うす~く、カビが生えていた。雨の翌朝、窓を開けていたのも失敗だったかも。

毎日使っている寝室でも、ベットの下はかなり危険なエリアだ。壁際にベットをレイアウトしているので、どうしても空気が通り抜けない部分が生まれてしまう。ベットの下にモノを押し込んでいるのも、良くないのはわかっているのだが……。

海風とダブルパンチ

できるだけ、自然の風を感じて暮らしたい、と思っているので、どこかしらの窓は開け放たれているのが日常。とはいえ、さすがに、梅雨の季節も何度か過ごせば、その日の湿度に合わせた窓の開閉を意識するようになってきた。

特に、海近くに建つわが家の場合、梅雨の湿気に海風の湿気がプラスされる。雨が降っていないからと、換気のために風を入れたりすると、かえって逆効果の場合も。海からの風が強い日は、窓の開閉には注意が必要、ということも、暮らし初めて学んだことのひとつだ。

カビへの対策は、「空気を淀まないようにすること」「除湿を心がけること」「こまめに掃除をすること」がポイントと言われている。なので、最近は、できる限り、空気が淀まないように部屋の扉を開け放し、湿度の高い日は窓は開けず、エアコンの除湿機能も効果的に使用して。あとは、ホームセンターで購入した湿気取りを、クロゼットや床下収納、和室の隅、ベットの下、洗面台やキッチンカウンターの下や下駄箱の中など、見栄えが悪くないように並べ、場所によっては、新聞紙を丸めたり、炭を置いたりもして……。

とりあえず、試行錯誤で、初めての梅雨のように、カビが生えるようなことはなくなった。あとは、「こまめに掃除をすること」、が今年の課題、というか、永遠の課題というか……。


【関連記事】
建築家に依頼して建てた 小さな家での暮らしのエッセイ
<空間づくり〉
2階リビングの住み心地 ・高けりゃいいってもんじゃない ・引き戸がいっぱい! ・浴室に掃き出し窓 ・どこに置く?自転車 ・トイレはふたつ必要か? ・バルコニーで朝食を ・されど階段 ・眺めはいい方が、やっぱりイイ! ・50代の家づくり。わが家の場合 ・少し年上の建築家に 
<使い勝手〉
掃除のしやすい窓しにくい窓 ・ウッドデッキとつながった洗濯物干し場 ・「ちょい掛け」できる? ・玄関の内側にポストを設けてみたら ・階段下に屋外収納 ・「傘立て」の居場所 ・玄関脇のウォークインクロゼット ・玄関に160センチの木製バー ・「見える」収納 ・自然の素材は覚悟がいる 
<海辺の土地で〉
海が見える暮らしと塩害と ・一戸建ての醍醐味というけれど…… ・四季を過ごしてわかったこと ・周辺環境を、買う ・周辺環境の変化の予測は難しい
<日々の暮らし〉
試行錯誤の庭づくり ・わが家の網戸モンダイ ・ダイニングチェアの座面を張り替えてみた ・暮らしの中には、心地よい音もあれば…… ・一戸建ては忙しい、かも ・一生モノの家具 ・玄関灯と節電と ・わが家のロフトに観葉植物がある理由 ・模様替えができない ・額に入れれば立派な家宝 ・家づくりと夫婦歴

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。