■世界初のマイクロプロセッサを作ったのは日本人
■世界初のインターネット専門誌は日本で生まれた

■フラッシュメモリーは日本初の半導体メモリ

フラッシュメモリーは日本初の半導体メモリー

フラッシュメモリー、みなさんきっとお持ちですね。
よく使うフラッシュメモリー
よく使うフラッシュメモリー

フラッシュメモリーは書き換え可能な記憶装置で電源を落としても内容が消えません。

私たちがふだんよく目にするのはデジカメのメモリーカード、またUSBコネクターをつけたUSBメモリーです。携帯電話にも使われています。

『iPod』の一つである『iPodシャッフル』はハードディスクでなくフラッシュメモリーが使われています。  >> モバイル・無線LAN 『iPod shuffleをさらに活用する!』

※USBメモリーは便利なのですが小さくて大容量ですので、くれぐれも取り扱いには注意してください。顧客名簿を入れたUSBメモリーを無くしてしまうと、すぐ個人情報漏洩になってしまいます。

フラッシュメモリーの発明

このフラッシュメモリーを発明したのが、東芝に勤めていた舛岡富士雄氏です。
技術者の反乱
技術者の反乱

舛岡氏は東芝時代にDRAM開発のプロジェクトに入り、市場規模が大きい半導体メモリーを作ることができないか研究を開始します。これがフラッシュメモリーの試作に結びつきます。

フラッシュメモリーの市場規模は約1兆円と言われ、東芝に多大な貢献を果たした舛岡氏ですが、処遇をめぐって会社と対立します。

東芝を退職後、中村修二氏の「青色発光ダイオード訴訟」と同様に古巣を訴え、「技術者の反乱」と話題になりました。  >> 発明・アイデア商品・新技術 『企業価値を決める知的財産』

現在は三次元半導体「SGT」の開発を進めています。コロンブスの卵的発想ですが、平面のチップを円柱形にして、占有面積を数分の1にする半導体です。現在の10倍以上の高速・高集積化が可能と言われています。

日本ユニサンティスエレクトロニクスが設立され、舛岡氏がCTOとしてSGTの開発に乗り出しています。今度は画期的な半導体が日本から誕生しそうです。

「企業のIT活用」版・トリビアの泉シリーズ

怪獣ゴジラから命名したWWWブラウザーがあった
インターネット内に別の国家があった!
Yahoo!は横綱・曙から生まれた
最初のウイルスはパキスタン生まれ
コンピュータ・ウイルスは英語ではない!
ノートンはシマンテックが買収した会社の名前
データ保存はカセットテープがあたりまえだった
NECのPC8001を完成させたのはパソコンマニア
「USO800」というパソコンが企画されたことがある
最初の表計算ソフトは学生が作った
表計算ソフト・ロータスはインド哲学から生まれた
エクセルはマック版が最初だった
エクセルの商標登録は19年も後だった!
世界初のマイクロプロセッサを作ったのは日本人
世界初のインターネット専門誌は日本で生まれた
フラッシュメモリーは日本初の半導体メモリ
ワープロ『一太郎』は家庭教師先の子供の名前だった
最初の日本語ワープロは630万円もした!
「かな漢字変換」は主流ではなかった
世界最初のプログラマは女性だった!
JavaはJava(ジャワ島)コーヒーから名付けた
バグは本当に虫だった!
ビル・ゲイツは父親の名前もビル・ゲイツ
MS-DOSは自社製品ではなかった
Windows登場はビル・ゲイツ30歳の時
メールアドレスの@はいつ誕生したの
一番高いドメイン名は7億5千万円もした!
ドメイン名が使えるようになったのは1983年から
人生、宇宙、すべての答えは「42」
Googleは10の100乗から名づけられた
Googleをクリンゴン語で表示できる
アップル社のリンゴマークは旭という品種
アップル社はエイプリルフールに創業した
アップルのカラー機能はブロック崩しをするためについた
人工知能の父「チューリング」は同性愛者だった
マウス登場は40年も昔の話
羽の生えたトースタがコンピュータ画面を飛んでいた
世界最初のロボット型検索エンジンは日本だけ生き残った
Yahoo!を赤ちゃん語で「ばっぶ」と言う
Yahho(ヤッホー)という検索エンジンがあった
Googleにいるウサギで遊べる
Googleロゴの4色はレゴから生まれた
Googleは32個までキーワードが入力できる
Googleにいるウサギで遊べる
世界初のパソコンはスタートレックの惑星の名前から名付けられた
音声合成で世界最初に流れたのはデイジー・ベルの歌
富士通のパソコンCMといえばタモリだった
炭酸ジュースから名付けられたウイルスがある
世界最古の顔文字は「:-) 」だった
南極にメールを送ることができる

過去のトリビアの泉が「何へぇ」を獲得したかはあなたの一票/過去の投票結果を参照ください。

※ガイドメルマガを購読されていない方はぜひ購読をお願いします。もちろん無料です。
→ ガイドメルマガ購読

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。