MS-DOSは自社製品ではなかった

ビル・ゲイツがマイクロソフト社を創業し、しばらくすると大型コンピュータが中心だったIBM社がPC市場へ参入します。
大型コンピュータが中心だったIBM社がPC市場へ参入
大型コンピュータが中心だったIBM社がPC市場へ参入

IBMは参入スピードを上げるため、自社開発ではなく、新型パソコンを動作させる基本ソフト(OS)を作成してくれるソフトハウスを外部に求めました。

最初は当時有名だったOSであるCP/M開発者のゲイリー・キルドールを訪ねますが不在で、またゲイリー・キルドールはCP/Mで既に成功していることもあり、あまり乗り気ではありませんでした。

当時、ビル・ゲイツの母親がIBMのCEOと知り合いだったこともあり、マイクロソフト社を思い出し、そこでビル・ゲイツにOSも開発してくれないかと頼みました。ただしIBMの納期はとても短く、ビル・ゲイツは悩みます。

この時に西和彦が「これはビッグチャンスだ。絶対にやるべきだ。」と叫びビル・ゲイツは遂に決断をします。当時のビル・ゲイツと西和彦の写真です。

Q-DOSを買収してMS-DOSへ

シアトル・コンピュータ・プロダクツのQ-DOSを買収
シアトル・コンピュータ・プロダクツのQ-DOSを買収
一からOSを作っていたのでは納期に間に合わないので、シアトル・コンピュータ・プロダクツが開発した、Q-DOS(クイックでダーティなOS)を権利ごと買い取って、これをMS-DOSへと作り変えました。

ですのでMS-DOSの本体は自社製品でなく、シアトル・コンピュータ・プロダクツのティム・パターソンが書いたQ-DOSだったのです。

24歳のビル・ゲイツの決断がマイクロソフト社の飛躍に結びつきました。これがMS-DOS誕生になります。現在のWindowsの原点となりました。

Windows登場はビル・ゲイツ30歳の時