資材在庫を減らすには発注量が重要
資材在庫を減らすには発注量が重要

前回ガイド記事『連関比率法で需要予想』の続きです。

精度の高い需要予想を行うことで、生産すべき製品の数を把握することができます。今回は製品を生産する時に必要となる資材の発注について考えます。

資材在庫を削減するには発注量のコントロールが重要です。発注量が多すぎれば在庫が積みあがり在庫保管費用がかかってしまいます。

反対に発注量が少なすぎると後の製造工程に影響し、製品の納期遅れとなってしまいます。最適な発注量をどう考えたらよいのでしょうか。

資材在庫を削減しよう

アドバイザー:「製品Cを生産するにあたって資材調達はどうされていますか?」

社長:「部品の一部は協力会社にお願いしています。当社で作る部品の材料は資材メーカーへ発注しています。」

アドバイザー:「では資材在庫を見せていただけますか。」

さっそく倉庫を見に行くと、製品在庫倉庫とは別の倉庫に資材や部品がこれまた山積みになっていました。

アドバイザー:「どう考えても多いですね。」
倉庫に資材や部品が山積みに
倉庫に資材や部品が山積みに

社長:「そうですね。需要によって価格が変動する資材もあり、なるべく安い時に多めに仕入れますので、こうなってしまいます。」

アドバイザー:「市況を見て安い時に仕入れるのは分かりますが、必要以上に仕入れると不良在庫になります。また安いと思っても倉庫の維持管理費を考えると反対に割高になります。」

社長:「なるほど。」

アドバイザー:「これだけ資材や部品があると下の方にある資材や部品を簡単に取り出せませんので、錆びたり使い物にならなくなっているのではありませんか?売上に結びつきませんので在庫ではなくゴミと同じになってしまいます。」

社長:「それは私も気になっていまして、何かよい方法はありませんか?」

アドバイザー:「発注に関しては経済的発注量という考え方があるので、まずそれをおさえましょう。」

経済的発注量とは

経済的発注量とは発注において、関連するコストの総額を最小化する発注量のことを言います。経済的ロットサイズと言う場合もあります。

アドバイザー:「発注に関連するコスト(在庫総費用)は在庫保管費用と発注費用を足したものになります。在庫保管費用は在庫するのにかかる費用で具体的には倉庫賃貸料や保険料、資産税などの経費となります。在庫保管費用は発注量に比例します。」

在庫保管費用は発注量に比例する
在庫保管費用は発注量に比例する

社長:「それでゼロから増えるに従って右肩上がりの直線になるんですね。」

アドバイザー:「そうです。次は発注費用についてみてみましょう。」

発注費用についてみてみましょう。