外部サーバーを利用する企業が増えている

地震に対する備え、できていますか

地震に対する備え、できていますか

皆さんの会社では自社内にサーバーをおいて運用されていますか。

東日本大震災を引き合いに出すまでもなく、日本は大地震等の天災がいつどこで起きても不思議ではない状況です。大きな地震が発生した場合、サーバーをむきだしで置いているとラックが倒壊しサーバーは破壊されてしまいます。

自社内の業務にしかサーバーを使っていない場合、伝票処理に戻すなど他の手段で代替が可能ですが、ホームページを運用したり、電子商取引を行うなど外部に情報発信している場合はサービスを止められません。そこで自社内にサーバーを置かず、外部にアウトソーシングする方法を採用する企業が多くあります。

アウトソーシングには色々なサービスがあります。ではどんなサービスがあるのかみてみましょう。大きく分けて「ホスティング」と「ハウジング」があります。

ホスティングサービス=レンタルサーバーのこと

アウトソーシングにはホスティングとハウジングがある

アウトソーシングにはホスティングとハウジングがある

ホスティングとはサービス事業者が用意したサーバーを貸し出すサービスのことで、サーバーの所有権は事業者側にあります。

サーバーを丸ごと貸し出す「専用ホスティング
」、1台のサーバーを複数のユーザーで共有する「共用ホスティング」があります。「共有ホスティング」は「シェアードホスティング」と呼ぶ場合もあります。丸ごと貸し出す専用ホスティングに比べ、共用ホスティングは費用が安くなります。

ホスティングは「レンタルサーバー」とも呼びます。

ハウジングサービス=サーバーを預けるサービス

ハウジングとは顧客がサーバーなどの機材を用意してサービス事業者に預けるサービスです。自社で独自の機材を持ち込むので機材の選定や組み合わせは自由になります。サーバーの所有権は自社にあります。

サービス事業者が提供するのはサーバーを置くスペースやバックボーン回線となります。ハウジングは「コロケーション(collocation)」サービスとも呼びます。

サービス事業者の規模は色々ありますが、規模が大きく、高スペックでスケールの大きなハウジングサービス提供事業者をデータセンターやIDC(インターネット・データセンター)と呼んでいます。

アウトソーシングの大きなメリットはコスト減

昔はアウトソーシングを受託するサービス事業者が存在せず自社でサーバーを管理・保守する必要があり、大変な手間やコストをかけて管理していました。

インターネットが普及し、通信容量が増え、回線使用料が下がったこともありアウトソーシング事業が成り立つようになりました。2000年頃から数多くのサービス事業者が誕生しました。

ではアウトソーシングするメリットを考えてみましょう。

自社サーバーで運用する場合、光ファイバーを申し込み、回線をひき、システムを立ち上げるのに時間がかかりますが、アウトシーシングの場合、素早く立ち上げることができます。

また自社サーバーの場合、サーバーを設置する場所を耐震構造にする必要がある、24時間365日稼働する場合は要員を配置する必要があるなど、コスト高になります。また日進月歩で性能が向上するサーバーの状況では自社サーバーの減価償却が終わる前に陳腐化することもあります。これらがアウトソーシングする上で避けられるのです。

他のメリットとしては
・データのバックアップができる
・安定した高速回線を利用できる
・社外からは自社サーバーを運用しているようにみえる
・高度な専門知識が不要

といったことがあります。
反対にアウトソーシングのデメリットは何かあるのでしょうか。みてみましょう。