フランキンセンスの親戚 樹脂系オイル「エレミ」

エレミ

エレミ

学名 Canarium luzonicum
科名 カンラン科
樹脂から水蒸気蒸留で採油する

エレミはフィリピンに自生する樹木です。もともとエレミはその樹木から採れる、半固形~固形の樹脂のことを指します。樹脂は幹に傷をつけると分泌されます。古代エジプトでは、遺体保存(ミイラ)のためにエレミ樹脂を活用していたとか。

わずかにレモンのような香りと、樹木系の香りが良い感じでミックスされた芳香です。軽いけど、しっかり余韻も残る。その不思議な香りに「わ!良い香り」と思わず漏らす人は少なくありません。

エレミは、例えるならフランキンセンスと似ています。植物的にみても同じファミリーに属しています。香りはエレミの方が、よりシトラスのような軽さを持っています。

近頃ではエレミのエッセンシャルオイルを販売しているショップは珍しくなくなりました。手軽に購入できますよ!(5ml~10ml 1000~2000円ぐらいが目安です)

エレミのアロマ効果と活用方法

丸い木のトレイに入っているのはカオリン

丸い木のトレイに入っているのはカオリン

■クレイパックでスキンケア
皮脂の分泌を調整するといわれます。キュッと引き締める感じもあるので、アロマテラピーでよく実践するクレイと混ぜて、パックに使ってみましょう。

  • クレイパックの作り方
カオリン(モンモリロナイトなど)大さじ1杯に、精製水(飲料水)を少しずつ、加えてよくかき混ぜます。
やわらかいマヨネーズか、泡立てた生クリームぐらいが固さの目安。

エレミを1滴入れて、よくかき混ぜれば完成。イラストにあるように顔全体や、特に皮脂が気になる部分(おでこ、デコルテなど)に塗り広げ、5分ほど置きます。
皮脂が気になる部分に塗り広げます。お風呂でパックすれば、デコルテにも使えます。

皮脂が気になる部分に塗り広げます。お風呂でパックすれば、デコルテにも使えます。



あとは洗い流すだけ。化粧水など仕上げはいつも通りでOKです。

なお、皮膚に刺激があれば使用を中止してください。それ以外、特に普通に使用してれば危険なエッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)ではありません。


■お部屋の芳香に
呼吸器系を安らかにするので、リラックス効果に優れます。次ページに続くブレンドガイドを参考にアロマライトやディフューザーで、寝室などに香りを広げて香りを楽しんでくださいね!

次のページでブレンドをご提案!