【芳香浴とは?】
エッセンシャルオイルの香りを部屋に漂わせて、その香りを鼻から体内に取り入れ、香りを楽しむ方法を芳香浴といいます。このとき、エッセンシャルオイルの香りは嗅覚を介して情報が脳へと伝わり、体内のバランスをとったり、また心の面での作用も引き起こします。この芳香浴ですが、専門の芳香拡散器を使って実践することが多いものです。中でも、もっともよく知られている芳香拡散器はキャンドル式のアロマポットでしょう。今回は主にこのキャンドル式アロマポットの使い方を注意事項にスポットをあててご説明します。


【芳香浴の方法】
さて、芳香拡散器の話の前に、芳香拡散器を使った芳香浴の方法をまずご説明します。


部屋の広さに合わせてエッセンシャルオイルを1~数滴、水を張ったトレイ部分に落としてキャンドルに着火します。しばらくすると熱で温められたエッセンシャルオイルの香りが部屋に広がります。

下にキャンドルをセットします





エッセンシャルオイルは1種類でも2、3種類ブレンドしてもOK。好きな香り、そのとき自分が欲してる香りを選択すると良いでしょう。


【芳香拡散器って?】
エッセンシャルオイルは揮発するという性質を持っています。だから香りは部屋に広がるわけですが、このときに何らかの方法によってその揮発を助けたり、活性化させれば長く、また広い場所でも香りが空間に漂います。そこで熱を利用したものがアロマポットといえます。キャンドルの熱で揮発を助けるわけです。


他にはアロマライトなどという呼び方で、電気式の芳香拡散器もあります。このように芳香拡散器には大きく分けてキャンドル式のものと電気式のものがあります。その他にはカード携帯式のものや、電気で風を送るファンのついた器具などもあります。電気式のアロマライト⇒


【メジャーなキャンドル式アロマポット】
さて、あなたの一票によると、依然アロマポットは人気のようですね。しかし報道によると、キャンドルタイプのもので小さな火事になったという報告があります。その原因は色々とあるでしょうが、あなたは安全に正しくアロマポットを使っているでしょうか。ご存知ですか?エッセンシャルオイルは引火性があります。もちろん一般家庭で使用し、数本保管する分にはことさら問題になることではありません。しかしキャンドルを使用する場合には、このことはやはり知っておきたいものです。


>>>次のページでは安全なアロマポットの使い方に参考になる注意事項を説明します。