飛行機にアロマを乗せてもいいか?悪いか? さぁ、どっち!

飛行機の旅

快適な空の旅にはアロマが必要!

アロマテラピーの魅力を少しでも知ってしまうと、エッセンシャルオイル(アロマオイル/精油)なしでは生きていけません!

…ってほどではなくても、やはりふとしたときにアロマの力を借りたいなって思うものです。そのため、「旅行や出張にもアロマは必須!」って意見は、ごく自然。もちろん私も、出張や旅行には、必ずアロマを持っていきます!

私自身、出張は新幹線が多いのですが、旅行も含め飛行機を利用される方も多いですよね。実は数年前までエッセンシャルオイルって飛行機に乗れなかったのってご存知ですか!? 機内持ち込みも、預けるのも両方NGだったのです!

エッセンシャルオイル(アロマオイル)は燃えます!

精油の引火性

自然に発火はしませんが火をつければ燃えるという意味です

アロマテラピー検定などの基本をお勉強すると覚える「エッセンシャルオイルの引火性」。そう、エッセンシャルオイルって、火をつければ燃えるんです。

そのため、飛行機での持ち物としては「危険物」に分類されます。数年前までは、持ち込みできない品目の1つとして「アロマオイル(室内芳香用) 引火点が60℃以下の液体状のもの」が記載されていました。

しかし世間の要望を受ける形で、平成23年12月13日付の国土交通省航空局のホームページにおいて、航空機内への持ち込み及びお預け手荷物として持ち込みができると公表されました。

つまり、それ以降は機内持ち込みも預け入れも両方OKとなったわけです! これは朗報です。

国土交通省の記載を詳しく見てみましょう!

機内

人がウロウロできる場所と、荷物だけの場所、飛行機内でも2か所あります。写真は後者、お預け手荷物の保管場所です。

……ですが、平成27年1月1日更新の国土交通省ホームページにある「機内持ち込み・お預け手荷物における危険物の代表例」を見てみますと、あります、あります、エッセンシャルオイル(アロマオイル)。

ここに記載されているということは、危険物であることには依然変わりないってことですね。つまり、「持ち込むことはできるけど条件付き」ということです。

ちなみに、「機内持込み手荷物」とは、乗客が航空機内に直接機内で身につける又は携帯する手荷物で、「お預け手荷物」とは、搭乗前に航空会社のチェックインカウンターに預けるスーツケース等の手荷物のこと。

次のページの「条件」をしっかり確認してからアロマを持って飛行機に乗りましょう!

>>次のページで「条件」を教えます!