今回はこんな質問が届きました
「鼻をかみすぎてファンデーションが取れてしまう……花粉の季節のメイクはどうしたらいい?」

Q.花粉の季節になると、いつも鼻をかみすぎてしまい、鼻の下だけメイクが取れてしまいます。本当に悩ましいです(30代・会社員)


A. メイクしておいたほうが花粉のガードにはいいみたい。ベースメイクは保湿効果の高いファンデーションでカバーしてみて。

花粉の季節のメイクのコツ

 

これからGW過ぎまで、花粉症の方は本当に悩ましい~季節の到来ですね。私は花粉症ではないのでその辛さを経験してないのですが、鼻をかみ過ぎるとメイクが取れてしまうのはもちろん、赤くなって肌荒れしてしまうなどお困りの方も多いよう。

どうせ取れちゃうなら「メイクはしなくてもいいかな!?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、花粉からブロックする意味もあり、メイクをしておいたほうがいいそうですよ。でも、メイクすると肌のカサカサが目立ってしまう……。さらにカバーしようとすると、ますますカサカサがひどく目立ってしまいますよね。そんな時はやはり、ベースメイクは薄めにしておきましょう。どうしても鼻をかまざるを得ないので、鼻の周辺が赤くなったり、乾燥してカサカサしてしまいがちですからね。全体的に薄めに仕上げておいた方がいいですね。

そんなカサつきにおすすめなのが、保湿効果の高いワセリンやクリームを小分け容器に入れて、カサつきの気になる部分、鼻の下などにこまめに塗っておくこと。カサつきが結構防げます。その上からコンシーラーやお粉、ファンデーションをやさしくそっと重ねて化粧直しをすると、ケバ立ちが目立たないように仕上げることができますよ。

中でも、バーム状のファンデーションはおすすめです。質感がクリームより“ネチャリとしてやわらか”で、これ、いいんです。しっとり潤う上、赤味もカバーしてくれます。やわらかなので伸ばすと薄付きになり、ほどよくツヤが出るのでカサつきが目立たないんです。こんなバームファンデなら、前記のクリームのかわりに小分け容器に入れて、お化粧直しのときにチョイチョイとつければ手間なく便利です。

症状に応じて薬も効果があるだろうし、メイクの上からひとふきするだけで花粉の吸着をガードするスプレーなどもあるので、こういう対策アイテムを使ってみてもいいですね。

私は冬場、乾燥して鼻の中がガビガビになってしまうのでメンソレータムを綿棒につけて鼻の中に薄く塗ったりしています。スースーして気持いいし、粘膜が潤うのでいいんです。花粉の鼻のムズムズはこんなことでは解消されないのかな? でも気分転換になるので試してみては!?

あとはマスク。どうしても赤くなってしまったり、カサカサがひどい!ってときはマスクで隠しとこう。マスクも種類が増えて、機能性が高くなっているのでいいですよ。

山本浩未さんのおすすめアイテム

 

スプレーするだけで花粉などを肌や髪に寄せ付けない花粉吸着防止スプレー
ミクロの霧で花粉やPM2.5をブロック。手軽に使えるスプレータイプはメイクの上からでも使えて便利。マスクにメイクがつくのがイヤという人にもおすすめ。ジェルタイプもあり。イハダ アレルスクリーン 50g/900円(税抜)/資生堂薬品
 



 

外的要因から肌を守り、クリーミィでみずみずしいヌード肌を保つ
肌に伸ばした途端に肌に溶け込み、セカンドスキンのようにフィット。親水性の高い保湿成分が肌の表面で水分をキャッチ。1日最適な潤い肌をキープしてくれる。タン・クチュール・バーム 30ml 1エレガント・ポーセリン/6264円(税込)ジバンシイ
 

 

 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。