長時間崩れないメイク3つのコツ! ポイントは朝のベース作り

CAも実践!長時間崩れないベースメイクのコツ3つを紹介

崩れにくいベースメイクは朝の仕込が命

お化粧直しをする時間がなく、気づいたら顔がドロドロなんてことなんてことはありませんか。

CAもフライト中お化粧直しの時間はほとんど取れません。それでも化粧崩れしたドロドロ顔で接客なんて許されません。長距離フライトでもキレイな状態をキープするには朝の仕込みが勝負です。ここではCAが実践する崩れにくいベースメイクのコツ3つをご紹介します。
   

1:下地などを使用する際、フェイスパウダー系はすぐに重ねない

パウダー系は時間をおいてからつけるのがポイント

パウダー系は時間をおいてからつけるのがポイント

パウダリーファンデーションやお粉などのフェイスパウダー系のものをつける時は、お肌がサラサラな状態でつけるのがポイントです。カラー下地やBBクリーム、リキッドファンデーションがまだお肌にしっかり馴染み切っていないうちにパウダーを重ねてしまうと、パウダーがよれて崩れやすくなってしまいます。また、パウダーがペットリと厚付きになってしまうので時間と共にどんどん恐ろしい事態に。

カラー下地やリキッドファンデーションなどリキッド系のものをつけたあとはすぐにパウダーを重ねずしばらく時間を置くことが大切です。

その間に着替えをしたりヘアセットをするなどして10分程度は時間を置きましょう。その後馴染み切っていない余分な油分をスポンジやティッシュで軽くオフして肌表面をサラサラに整えてからパウダーをのせるようにすると、ぴたっとフィットし崩れにくくなります。
 

2:ベースメイクはいかに薄く仕上げるかが明暗の分かれ道

必要なものを再吟味して厚塗りを回避

必要なものを再吟味して厚塗りを回避

ベースメイクは厚ければ厚いほど崩れやすく、さらに崩れたときにドロドロ汚くなってしまいます。そしてそのような状態になってしまうとお化粧直しにも時間がかかってしまいます。

時間の経過による崩れには逆らえないので、朝の時点ではできる限り薄く仕上げておくのが得策です。

お化粧直しの時にお粉などを重ねると、その都度ベースメイクは厚くなっていきます。それを計算にいれて朝はあえて「少し薄いかな」くらいにしておきましょう。その点でも前ページの「フェイスパウダー系はすぐに重ねないこと」は有効です。

また、カラー下地、リキッドファンデーションと重ねなくても1つで代用できるBBクリームもCAに人気。 そしてファンデーションを顔全体に塗らなくても良いように、クマや吹き出物などトラブルが気になる部分だけコンシーラーでカバーするのも賢い方法。

パウダーも顔全体に重ねずにテカリやトラブルが気になる顔の中心部だけで充分です。何気なく顔全体に塗るのが当然になってしまっていたものも、見直してみると意外と不要なところも多いもの。気になる部分だけ賢くカバーして、全体はできる限り薄く仕上げるように工夫しましょう。
 

3:皮脂を取りすぎないことも大切

「皮脂は取りすぎない」が鉄則!

「皮脂は取りすぎない」が鉄則!

化粧崩れを防ぐために皮脂吸着成分配合のもので汗や皮脂を抑えたり、フェイスパウダーをたっぷりはたいたりしている女性も多いのではないでしょうか。

しかし皮脂を取りすぎると「皮脂が足りないからもっと出さなきゃ」という肌の作用が働き、逆に皮脂の分泌が増えてしまうことも。脂浮きが気になったときはティッシュで軽くオフする程度にしておくのがオススメです。

また、皮脂を取りすぎないよう、朝の洗顔は水洗顔にするのもオススメです。朝から洗顔料で顔の皮脂を洗い流してしまうと、それを補おうと皮脂の分泌が盛んになってしまいます。男性や思春期の皮脂の分泌が盛んな時期というわけでなければ朝は水洗顔で充分です。実際水洗顔をするようになってから肌質が脂性肌から普通肌に変わったという声も。
 

「パウダー系はすぐに重ねない」、「ファンデーションは必要なところに必要な分だけ」、「皮脂は取りすぎない」の3つのコツで長時間崩れない、崩れても目立たないベースメイクに仕上げましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。