崩れにくいベースメイクの仕方 ポイントは朝の仕込み!

.

       崩れにくいベースメイクは朝の仕込が命

お化粧直しをする時間がなく、気づいたら顔がドロドロなんてことなんてことはありませんか。

CAもフライト中お化粧直しの時間はほとんど取れません。それでも化粧崩れしたドロドロ顔で接客なんて許されません。長距離フライトでもキレイな状態をキープするには朝の仕込みが勝負です。ここではCAが実践する崩れにくいベースメイクのコツ3つをご紹介します。

 

フェイスパウダー系はすぐに重ねないこと

image

パウダー系は時間をおいてからつけるのがポイント

パウダリーファンデーションやお粉などのフェイスパウダー系のものをつける時は、お肌がサラサラな状態でつけるのがポイントです。カラー下地やBBクリーム、リキッドファンデーションがまだお肌にしっかり馴染み切っていないうちにパウダーを重ねてしまうと、パウダーがよれて崩れやすくなってしまいます。また、パウダーがペットリと厚付きになってしまうので時間と共にどんどん恐ろしい事態に。

カラー下地やリキッドファンデーションなどリキッド系のものをつけたあとはすぐにパウダーを重ねずしばらく時間を置くことが大切です。

その間に着替えをしたりヘアセットをするなどして10分程度は時間を置きましょう。その後馴染み切っていない余分な油分をスポンジやティッシュで軽くオフして肌表面をサラサラに整えてからパウダーをのせるようにすると、ぴたっとフィットし崩れにくくなります。