今回はこんな質問が届きました

Q.ファンデーションの色を間違えて買ってしまって、人にあげるわけにもいかず、そのまま捨てる気にもなれず……ムダにならない使い方があったら教えて下さい!(30代・パート・アルバイト)


A.大丈夫です!心配ご無用。塗り方を変えるだけで、ぜんぜん問題なく使えちゃいます。

眉山から内側が「正面顔」、外側が「横顔」と心得て

眉山から内側が「正面顔」、外側が「横顔」と心得て

私たち東洋人は、基本的にオークル系の肌だろうから、大丈夫ですよ! だから多少違っていても、それほど問題ありません(笑)。なぜって、今のファンデーションは基本、“透ける”ようにできているから。肌を覆いつくして、ダイレクトにファンデーションの色が出るようには、作られていないです。ベースの肌が透けて見えるようにできているので、まっ、大丈夫です(笑)。

ただ、それでも色が違うファンデーションはイヤなのよね~という場合は、おまかせ下さい。解決法としては、塗り方、分量を変えること。薄―く伸ばして塗ってベース代わりに使えばよいのです。ファンデーションとしてではなく、下地としてベールのように薄く塗ってしまえば、色はあまり目立たなくなりますから。そして、気になるところだけコンシーラーでポイント的にカバーすれば違和感なくなじみます。

そして、もし、間違えた色が自分の肌色より明るかったら、ラッキーです! 明るい色は、ハイライトとして顔の中央に使えばいいのです。これは私が“肌のキレイの見せどころ”と私が呼んでいる、目の下の頬の高いところ、「鼻の脇の三角ゾーン」の部分を明るくします。ここが明るくても、フェースラインに向かってなじんでいれば、他が明るくなければナチュラルに見えますし、むしろ、立体感が出て肌のキレイさが際立つんですよ。

また、明るめの色は『正面顔』に使えばとても自然で立体的になります。正面顔とは、左右の眉山の高い位置から内側のゾーンのこと。ここに、明るめのファンデーションをそのまま使って下さい。前に出っ張って見えたい部分なので、白く明るい方がむしろキレイに見えますから。

反対に、暗すぎるファンデーションを間違って買ったとき、これもまたラッキーです!フェイスシャドウとして使えます。こちらは先ほどとは逆に、眉山の外側のゾーンに使います。これでまた立体感が出て、眉山の外側が後ろに引っ込んで見え、顔立ちがスッキリ見え小顔効果に役立ちます。

ちなみに、色が違うファンデーションを使うときは、ブラシを使うといいですね。特に濃い色はブラシ使いがおススメ。リキッドでもパウダーでもスポンジより薄づきで、ふわっとつけることができます。ブラシに取ってササっとフェイスシャドウ感覚で使いましょう。

ということで、案外、ファンデーションの色を間違えてもムダにすることなくちゃんと使えます!ただし、何も考えずに塗ってもキレイになれるのは、やっぱり自分の肌色にピッタリのファンデーション。ノーストレス、ノーテクニックでただ塗るだけで、肌がキレイに見えちゃうわけですから、色選びはやっぱり大事ですね。

山本さんのおすすめアイテム

デュオ ファイバー カーブド スカルプティング ブラシ

デュオ ファイバー カーブド スカルプティング ブラシ

わずかにカーブしたブラシが顔の輪郭に沿ってなじみ、立体感を演出
平筆で微妙にカーブしたラインが顔の凸凹に合わせ、立体感をクリエイト。パウダリー、リキッド、どちらにも使えるので少しお高めだが、投資する価値のある1本。デュオ ファイバー カーブド スカルプティング ブラシ♯164/5800円(税抜)/M・A・C
 


 

 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。