目元の明るさで「年齢印象」に大きな差が……

コンシーラーをするのとしないのとでは、差が出ます

コンシーラーをするのとしないのとでは、差が出ます

人の見た目年齢は、目元の明るさで大きく左右されます。目元のクマやシミが目立っていると、実年齢よりもプラス5歳老けて見えてしまう場合も。

そんな時は、コンシーラーが強力な助っ人になりますが、上手く使いこなせないという声も多く聞かれます。今日は、目元のクマやシミを上手にかくずコンシーラーの上手な使い方をご紹介します。

コンシーラーを使用する順は、カバーする程度によって判断

コンシーラーは、ファンデーションの前に使うか、後に使うか、判断が難しいところです。そんなときは、カバーする部分のレベルによって判断ししましょう。
簡単なカバーで済む部分は、先に軽くカバーしてからファンデーションを塗っていきます。しっかりカバーが必要な部分は、ファンデーションの後に、上から塗っていきます。

目元には"柔らかめのクリームタイプ"がオススメ

目元は皮膚がとても薄く、乾燥しやすい部分です。そして、まばたきを多くすることから、メイク崩れをしやすい箇所でもあります。ですから、乾燥しにくく、肌にフィットしやすいコンシーラー選びが重要になります。そのことから、保湿力・カバー力が共に高い、"柔らかめのクリームコンシーラー"を使うことをオススメします。

指よりもブラシで塗る

目元は、細かい部分が多くとてもデリケートな部位。そんなとき、役立つのが"メイクブラシ"。指と違ってコンシーラーを細部にまで塗ることができるので、仕上がりもとても美しくなります。また、コンシーラーを塗る量を調整でき、ムラなく仕上げることも可能です。

次ページは、実際に「コンシーラーのブラシ使い」を、紹介します。