飛行機内を快適に過ごすための服装のポイント

image

機内で快適に過ごせる服装とは?

「飛行機に乗ると疲れてしまう」
そんなお悩みを解決するために、CAも実践する機内で疲れずに快適に過ごす方法を4回に分けてご紹介しています。美容編、飲食編に続き、今回は服装編をお届けいたします。

「飛行機内ではリラックスできる服装が良いけれど、あまりにラフすぎる格好は周囲の目が気になる」という声も。ここではCA達が旅行などで飛行機に乗る際に実際に心掛けている服装のポイントをご紹介します。

 


締め付け感のない服がマスト

image

マキシ丈ワンピはCAの旅行スタイルの定番

まず基本中の基本は「締め付け感がない服」ということ。パジャマや部屋着などは締め付け感のないゆったりしたものが多いことでも分かるように、リラックスするためには身体を締め付けないことが大切です。ジャージのようなゆったりしたパンツはリラックスできおすすめですが、ジーンズのようなタイトなものは長時間座ったままの姿勢だと腰回りを締め付けてしまい、腰回りの血行不良にも繋がってしまうこともあるので要注意。

「でもジャージなどはラフすぎて家から履いていくのはちょっと…」
「機内で着替えるのも面倒くさい」

という方にはロングスカートがおすすめ。締め付け感もないうえ、足回りを気にすることなくリラックスできます。CAの間でも旅行の際はマキシ丈ワンピが人気です。

 

温度調整できる羽織ものは着心地重視で

機内で絶対にあった方が良いのがカーディガンやパーカーなどの羽織もの。座る席によって空調の吹き出し口から冷気が直接当たって寒い席や、逆に他の席と比べて暑い席など多少の差もあるので、その都度自分の暑さに合わせて脱ぎ着できるものがあると便利です。

あまり厚着をしすぎると肩が凝るので、半袖もしくは長袖一枚の上にカーディガンやパーカーなどの羽織ものを一枚というのがベストでしょう。ここで重視したいのは着心地。冬物に多い肌に触れてチクチクする素材はリラックスできないので避けた方が良いでしょう。さらっとした綿やツルっとしたシルク、しっとりしたベロアやモコモコ素材など自分が一番リラックスできる素材を意識的に選んでみるのも楽しいですよ。全体的に柔らかめのものがおすすめです。

続いて飛行機を快適に過ごす足元アイテムについてご紹介します。