風邪が流行っていても、キャビンアテンダントは風邪知らず!

CAは風邪をひかないって本当?

CAは風邪をひかないって本当?

寒い季節になると、街ではゴホゴホ咳き込んでいる人が目につくようになりました。風邪予防のためなるべくマスクをするようにしていても、家族や同僚に風邪をひいている人がいるとどうしても移りやすくなってしまいますよね。

キャビンアテンダント(CA)は飛行機の中という狭い空間で、この時期風邪をひいているお客様と毎日のように接していますが、アンケートによると「ほぼ風邪知らず」という人がなんと約8割。

昨年も「インフルエンザの予防接種をうった家族がインフルエンザになったのに、予防接種をしていない自分は一緒に生活していてもかからなかった」と言うがキャビンアテンダントが何人もいました。

そんな元気CAが毎日実践している朝晩の3つの健康習慣をご紹介いたします。

手洗いうがいに鼻うがいをプラス!

手洗いうがいは風邪予防の基本中の基本。キャビンアテンダントはフライト前後にオフィスで手洗いうがいをするのが業務の一環になっているほど徹底されています。

それに加え、朝晩実践している人が多いのが「鼻うがい」。鼻から水を吸い、口から出すというもの。難しそうですが、慣れれば簡単です。

1. コップ1杯のぬるま湯に粗塩をひとつまみ加える

2. 片方の鼻を塞ぎ、もう一方の鼻から水を吸い、口から出す

これを両側繰り返すだけです。

鼻や喉の奥まで洗い流すことで、ウイルスを一掃できるようなすっきり感がたまりません。喉が命のアナウンサーの方も実践されているそうですよ!


舌磨きでぱったり風邪をひかなくなった!?

image

風邪をひかないCAがやっている習慣とは?

2つ目は舌磨き。お客様と至近距離で接することの多いCAはエチケットとしてこまめな歯磨きを欠かしませんが、その際に同時に行っているのが舌磨き。

舌には食べカスや細菌などの舌苔と呼ばれる汚れが溜まりやすく、それが口臭の原因にもなってしまうためです。さらにその舌苔を取り除くことが風邪予防にも効果的と言われています。

実際に私の知人で毎年必ず2回は風邪で寝込んでいた人は、舌磨きをするようになってから、不思議なくらい風邪をひかなくなったそう。

歯ブラシで磨くと舌を傷つけてしまう恐れがあるので、舌専用のものでケアしてあげてくださいね。

「首」がつくところをほぐす

3つ目は意外に思われるかもしれませんが、手首、足首のストレッチ。

キャビンアテンダントはフライト中の怪我や腰痛などを防ぐため、フライト前後にストレッチを行っています。

特に早朝フライトでまだ身体が目覚めていないときや、長時間フライトで疲れが溜まっているときに実施すると、ジュースをこぼしてしまうなどのミスを防いだり、可動域が広がり怪我を防ぐなどの効果が期待できるためです。

特に重点的に行うのが、首、手首、足首の体操。そのため、通勤中や帰宅後に無意識のうちに手首や足首のストレッチをしてしまうというCAが多いのです。


手首ストレッチのやり方

1 手首のストレッチは腕を前に伸ばし、手の平をゆっくり伸ばしていきます。
image

手の平側を伸ばす

2 続いて同様に、手の甲側を伸ばしていきます。
image

手の甲側を伸ばす


普段あまり疲れを意識しない部分ですが、スマートフォンの操作などで意外と疲れがたまっているので、久しぶりにストレッチをすると硬くなってしまっているのが感じられます。


足首ストレッチのやり方

足首のストレッチは足指を床につけ、甲を伸ばすようにゆっくり体重をかけ伸ばします。
image

足の甲を伸ばす


最初は正面、だんだんと膝を外向きに、かかとを内側に向けるようにして伸ばしていくとまんべんなく伸ばすことができます。足がむくんでいる時に行うと、とても気持ち良いですよ。

東洋医学では「首」が付くところが硬くなると風邪をひきやすくなると言われています。偶然かもしれませんが、キャビンアテンダントはは日頃から「首」が付くところをほぐす習慣が付いているため、風邪をひきにくいのかもしれませんね。

いかがでしたか?
どれも習慣になってしまえば、とても気持ち良いことばかり!

毎年風邪をひいてしまうと諦めている方も、この冬はぜひ風邪知らずを目指し元気に過ごしてくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。