垂れ乳改善のバストアップ方法は「肩甲骨」に注目

垂れ乳改善のエクササイズ

バストアップをするためには、まず、肩甲骨まわりを柔軟に!


バストが垂れてハリがなくなる原因の一つとして、バストを持ち上げ全体を支えている肩甲骨まわりにある筋肉が衰える、ということが挙げられます。
肩甲骨まわりには34もの筋肉があり、特にその中でも僧帽筋と呼ばれる首から背中にかけて広がっている筋肉はバストアップに欠かせない重要な筋肉なのです。
ですから、肩甲骨まわりの筋肉をほぐして柔軟にし、自由に動くようにエクササイズをしてやわらかい筋肉をつけると、バストがつり上げられ、理想的なハリのある上向きバストになっていきます。
バストアップをするために、まずは肩甲骨まわりを柔軟にし、やわらかい筋肉をつけるエクササイズを始めましょう。  

垂れ乳改善エクササイズ1:肩甲骨を柔軟にするストレッチ

肩甲骨を柔軟にするストレッチ

肩甲骨を柔軟にするストレッチ

右手を上に上げた状態でひじから曲げて背中側に手を下ろし、左手は下から手をまわして右手をつかんで両手を組みます。
この時に、両手で同時にひっぱり肩甲骨まわりの筋肉が伸びていることを感じてください。片方が終わったら、今度は左手を上にして、右手を下から出して両手を組みましょう。
肩甲骨が柔軟でないと両手を背中で組めないので、組めなかった人は、毎日少しづつ両手の距離を近づけるようにストレッチするようにしましょう。


 

垂れ乳改善エクササイズ2:肩甲骨をゆるめる

肩甲骨を緩める

2.肩甲骨を緩める

壁に両手をつく

1.壁に両手をつく

壁の前に立ち、両手を壁について、息を吐きながら体を90度まで倒します。そのまま約10秒間曲げた状態をキープし、肩甲骨まわりの筋肉が伸びていることを感じてください。これを3セット行います。

 


 

 垂れ乳改善エクササイズ3:肩甲骨を意識した肩まわし

肩をまわす

肩をまわす

背中で両手を組んだ状態で肩を前に10回、後ろに10回、円を描くようにまわしてください。この時に、肩甲骨が動いていることを意識して行ってください。毎日行うことで、違和感なくスムーズに肩甲骨が動くことを目標にしましょう。
 

垂れ乳改善エクササイズ4:リンパの流れをよくしてバストにハリを

リンパの流れを良くする

リンパの流れを良くする

バストにハリをもたせるには、リンパの流れが滞っていないことも重要になります。リンパの流れが悪いとバストがむくみ、綺麗な形を保てなくなってしまうのです。
バストに流れるリンパは脇の下にあるリンパ線を通っていますので、その部分を刺激するエクササイズを行いましょう。

両手を組んで頭上まで持っていきます。手を組んだ状態でそのまま体を左側に倒し、そのまま3秒キープします。同じ要領で、右側にも倒して3秒キープします。この時に、脇の下のリンパ節を意識するようにしましょう。これを左右1セットを10回繰り返します。

 

垂れ乳改善エクササイズ5:更なるバストアップに大胸筋エクササイズ

大胸筋を鍛える

2.大胸筋を鍛える

お風呂で体を暖める

1.お風呂で体を暖める

リンパの流れをよくするには、体を暖めることも大切です。お風呂に入りながら行えば大胸筋エクササイズすれば手軽にリンパの流れをよくしながら行うことができます。

下半身だけ湯船につかり、壁に両手をついて壁に向かって、立ったまま腕立て伏せを行います。この時にバスト全体の筋肉が使えていることを意識しましょう。
ゆっくり自分のベースで約10回を目安に行いましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。