簡単バストアップエクササイズ! 自宅で美乳作り

 
バストアップエクササイズは自宅で簡単にできるのがうれしい。

バストアップエクササイズは自宅で簡単にできるのがうれしい。

 

エクササイズにもたくさんの種類がありますが、20代後半以降の女性に、是非とも新たに取り入れて欲しいのが「バストアップエクササイズ」。

女性は、ジムなどで体を鍛えたりスポーツをしない限り、20代後半からどんどん体型が崩れてきてしまいます。特にバストに関しては、脂肪がやわらかく動きやすいので、最も顕著に変化が現れてくる部分。

今までハト胸だったけれど、デコルテラインが急にさみしくなってきたり、バストがとたんに垂れて横に広がってきたり……なんて感じてきたら、それは危険信号。今すぐにでも、バストアップエクササイズをすることをお勧めします。
   

バストアップエクササイズの悩み別、基本の1・2・3

今回は女性のバストの悩みで多い、以下の3つの悩みにポイントを絞ったバストアップエクササイズを紹介します(健康運動指導士として活躍中の勝本昌希先生の監修です)。

  • バストが垂れてきた
  • バストが広がってきた
  • バストが小さい
バストアップをするには、とにかくバストを支えている筋肉である大胸筋を鍛える必要があります。エクササイズの際、大胸筋をしっかりと意識しながらゆっくりと筋トレすることが大切。腕などに気を取られることなく、大胸筋が動いていることをしっかり感じてください。

大胸筋を鍛えつつ自分の悩みも解決してくれる、この3つの基本的バストアップエクササイズをまずはマスターしましょう。
 

1.基本のバストアップエクササイズ:垂れたバスト位置を戻す

普段あまり使わない大胸筋を鍛えてバストアップを目指します。
 
バストアップエクササイズスタート!

バストアップエクササイズスタート!

1. ひざを立て腕を肩幅より広めに開き、床に手をつく。
 
ゆっくりと深呼吸をしながら行う

ゆっくりと深呼吸をしながら行う

2. 息を吐きながらひじをゆっくりと曲げ、あごが床につくらいまで体を下ろす。
 
もとの位置に戻します

もとの位置に戻します

3. 息を吸いながら、ゆっくりとひじを伸ばす。
(ひじを伸ばす時は、しっかりと伸ばし切らないで、次の動作1に戻る)

15回×2セットを続けて行う。

腕ではなく、胸の筋肉に意識を持っていくのがポイント!
 

2.スッキリバストエクササイズ:広がったバストを引き締める

横に流れている脇肉をすっきりさせてバストの形を綺麗に整えます。
ゆっくり深呼吸しながら開きます

ゆっくり深呼吸しながら開きます


1. 両ひじを90度に曲げ左右に開き、バストトップの高さに合わせる。
 
バスト全体に意識を集中させます

バスト全体に意識を集中させます

2. 息を吐きながらゆっくりとバストの内側を意識し、両手を近づけて顔の前に寄せていく。できればひじとひじ、手と手をぴったりと合わせる。

15回×2セットを続けて行う。
 

3.ボリュームアップエクササイズで小胸解消⁉

バスト全体にハリを持たせ、重力に負けない上向きバストを作ります。
 
バストの中心に意識を集中させます

バストの中心に意識を集中させます

1. お祈りをする様に、胸の高さに手を開いて合わせる。

2. ひじを張ってバストの上部を意識しながら、手と手を押し合う。

15秒×2セットを続けて行う。エクササイズの際、本などを手の間に挟むと、より効果的です。
 
まずは、この3つの基本エクササイズを毎日実行し、バストの土台作りからはじめましょう。
 

「ながらエクササイズ」で移動中でもバストアップ

バストアップに大切なのは毎日の継続したエクササイズ。もっとお手軽に取り組めるストレッチや体操をご紹介している「美バストを作る『ながらバストアップエクササイズ』」もあわせてご参照ください。
ポイントは肩甲骨、姿勢、大胸筋の3つ。それぞれを意識した簡単エクササイズを毎日の生活に取り入れてみましょう。

 

関連記事



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。