「ダイエット中は外食やコンビニはNG」なんてもう古い!

春は心機一転して生活習慣を改めよう! と思うもの。でも「結局、毎日忙しくてコンビニや外食ばかり」「おやつの買い食いや夜のお酒もやめられない……」とダイエットを諦めてしまう人に朗報です! 重要なのは我慢ではなく、「食べ方」と「食べ合わせ」なんです。

今回の食事ダイエットを提案するのは、管理栄養士の松田真紀さん。実は15年以上ダイエットを繰り返し、20kg以上の体重増減を繰り返したことも……。だからこそ、管理栄養士でありながら「優等生な食事」ばかりが正解ではないと言います。

「健康意識が高まりつつも、カロリーだけを見て、食事の量だけを減らす人が少なくありません。これはダイエット失敗の原因のひとつ! エネルギー不足&栄養不足のダイエットを続けると代謝が落ち、味覚が鈍くなって知らず知らずに濃い味つけになり、今は痩せていても40代からは“老化太り予備軍”になってしまうかも。また、健康に気を使っているつもりでも”ローカロリー食を惰性で食べている”、”料理が苦手で毎日の食事がストレス”……という人も要注意です。食事は、本来楽しいもの。ストレスこそが脳と体の機能を狂わせ、老化させ、代謝を落とすダイエットの大敵なんです。まずは肩の力を抜いて、体の声を聞いて、食事を楽しむ方法を身につける。それこそが本当の意味でのダイエットにつながりますよ」

そこで今回は、誰もが身近に感じられるお店やコンビニでできる、食事メニューの食べ方・選び方・食べ合わせをご紹介。「働いていて買い食いや外食ばかり」「忙しくて料理できない」という人でもすぐ食べられてストレスフリー、超お手軽な「食べて痩せる、コンビニ&外食ダイエット」の取り入れ方を提案します。

教えてくれたのは……

morikazuyo

松田 真紀(まつだ まき)さん

女子栄養大学卒業の管理栄養士。アスリートフードマイスター3級。日本抗加齢医学会認定指導士。明治乳業に入社後、スポーツドリンク「VAAM」の立ち上げに携わり、アスリートの栄養サポートに従事。その後、広告代理店勤務を経て起業。食プロデュース、300施設以上での栄養指導、ダイエットセミナー等、多方面で活躍中。著書『居酒屋ダイエット』(三笠書房 刊)も好評発売中。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。