時差ボケ対策のポイントは逆算

image

時差調整のポイントは逆算

「CAさんって時差ボケ対策どうされているんですか?」

お客様からとても多い質問の一つです。確かに海外に行くと日本とは完全に昼夜逆転の生活になることもしばしば。何も対策をしなくては夜は寝付けず日中は眠くて仕方なく、一日が全く使い物にならなかったなんてことになってしまいます。

では毎日世界の様々な都市を飛び回っているCAはどのようにしているのでしょうか。ここではCAが心がける時差ボケ対策のコツを伝授いたします。


規則正しい生活をしている人ほど、時差ボケが辛い

日頃規則正しい生活をしている人ほど、身体のリズムが出来上がってしまっているため、それが乱れると辛い傾向にあります。そのような方は海外に着いてから急にリズムを変えようとしてもどうしても無理があります。ポイントは機内での過ごし方。ただなんとなく過ごすのではなく賢く機内の時間を使い、リズムを少しずつ調整していきましょう。


到着地の現地時間から逆算

では飛行機内でどのように過ごせば良いのでしょうか。ポイントは到着地の到着時の時間にあります。

image

到着地が夜の場合

■現地到着時間が夜の場合

到着地が夕方~夜の場合、到着後は割とすぐに眠らなければなりません。機内でたっぷり睡眠をとってしまうと夜眠れなくなってしまうので、機内ではなるべく眠らないようにしましょう。

長時間に渡るフライトでどうしても眠くなってしまう場合はフライトの前半に眠るようにしましょう。


image

到着地が昼の場合

■現地到着時間が昼の場合

到着地が朝~昼の場合は、到着後一日活動しなければなりません。そのような場合は機内でたっぷり睡眠をとっておくことが何よりも大切。見たい映画などがある場合はなるべくフライトの前半で見るようにして、後半は睡眠時間にあてましょう。

機内でなかなか寝付けないという方は「CA直伝!飛行機内で快適に過ごす裏技4~睡眠編~」を参考にされてみてください。

次のページでは具体的な時差調整法についてご紹介いたいます。