飛行機が欠航・大幅遅延するのはいつ?

P1

飛行機は、台風や雪、大雨や霧などによる視界不良などの天候が、運航に大きく影響します。欠航などの可能性がある場合、こまめな情報収集が大事です

自分が乗る飛行機が欠航になったり大幅に遅れたりして、出張や旅行、帰省などで予定していたスケジュールが変わってしまい、戸惑ったり疲れたりしたといった経験はできれば避けたいところ。しかし、予期せぬトラブルにもし遭遇してしまったら、その場で対応しないといけません。

飛行機の欠航や大幅遅延などは、自分が乗る便の出発間際でなくても、事前に分かるケースがあります。予定の変更に対応して早めに行動すると、心身ともに負担が減ります。もしもの時に備え、よくある欠航や大幅遅延のパターンをあらかじめ知っておいて損はないでしょう。
   

飛行機の欠航・大幅遅延の理由で最も多いのが天候
台風は運航に大きく影響

台風,飛行機,欠航

夏に多く発生する「台風」。飛行機の運航にも大きく影響します(Yahoo! 天気・災害より)

飛行機が欠航する、大幅に遅れるケースで最も多いのが「天候」です。例えば、台風、大雪、霧、雷雨(ゲリラ豪雨)などが挙げられます。

まず、夏から秋にかけて多いのが「台風」による欠航です。台風は、今後の進路などが天気予報で随時発表されているので参考になるでしょう。

特に、台風が最も近づく時間帯、その空港は離発着できない可能性があり、前日などに欠航がすでに決まっていて、航空会社のホームページなどで発表されてことも多いです。台風の進路上空を飛行するのはほぼ関係なく、発着する空港が大きく影響してきます。
 

飛行機の運行、冬は「雪」に注意。霧や雷雨による視界不良も

P2

飛行機の運航状況はホームページで随時更新されています(JALホームページより)

冬に多いのが「雪」です。空港での除雪作業が完了しない、除雪作業中に滑走路の運用が止まって離着陸が停滞した、雪による視界不良で離着陸に影響が出たなどで、出発や到着が大きく遅れることがあります。

空港に発生する「霧」も、欠航になる理由の1つ。霧による視界不良は、飛行機の離発着に影響が出ます。近年増えているのが「雷雨」、いわゆるゲリラ豪雨による欠航や大幅遅延です。これは台風よりも事前に予測しづらく、雨量よりも空港での視界不良が原因となります。
 

飛行機の欠航・遅延でよくある「機材繰り」って?

欠航や出発遅延で「機材繰り」が理由になることがあります。

飛行機は、1日に同じ飛行機(機材)をいくつもの便で使用して運航しています。例えば、東京/羽田→札幌/新千歳→東京/羽田→福岡→東京/羽田、といった流れです。この中で1便でも大きく遅れたり故障が発生したりすると、後ろの便に影響してきます。

また、天気が悪くて出発した空港に引き返したり、他の空港に行き先を変更したり(ダイバート)すると、後続の便が通常通り運航できなくなって欠航、となってしまいます。これが「機材繰りによる欠航」です。
 

飛行機が天候以外で欠航になるいくつかの理由 

出発案内,空港

空港に着いたら出発案内ボードを見て自分の便ををチェックしましょう

天候以外で欠航や遅延になるケースとしては「機材故障」があります。

いわゆる飛行機の故障で、代わりの機材を手配できない場合、欠航となります。地方空港での折り返し便だと、飛行機がまず到着しないことには出発する便の運航もできませんし、運航に支障がないトラブルでもギリギリまで整備と点検を行い、かなり遅れて出発することもあります。

その他、大きな地震などの「災害」、トラブルや天候などによる「滑走路の閉鎖」、海外だと航空会社や空港職員の「ストライキ」などで欠航や大幅遅延に遭遇することもあり得ます。ストライキでは、予定があらかじめ発表されるので、便の変更などの案内がメールで出発前までに届きます。
 

飛行機の「条件付き運航」についても知っておこう

ヤフー,天気,運航状況

飛行機の運航状況は「Yahoo! 天気・災害」でもチェックできます

なお、天候が悪い中で運航が決まっても、出発した空港に引き返したり、他の空港に目的地を変更したり(ダイバート)といった可能性がある「条件付き運航」になることがあります。

条件付き運航になると、予約のキャンセルや変更でかかる手数料が「無料」になり、全額の払い戻しも受けられます。その時点で、新幹線など地上移動する交通手段に、速やかに変更するのも手です。これは通常、LCCでも同様です。
 

飛行機が欠航した場合に備える4つの対策

P4

「Flightrader24.com」はウェブサイトだけでなく、スマートフォンやタブレットのアプリケーションもあります

飛行機が欠航する事態に遭遇しそうならば、大事なのは「情報収集」「早め行動」です。

航空会社のホームページはもちろん、最近は「Twitter」などで発信する航空会社、飛行する民間航空機の現在地をリアルタイムで表示するサービス「Flightrader24.com」が参考になることも。天気予報と合わせ、こまめに確認するのが必須です。そして、欠航が決まった時点で早めに行動すること。そのために、普段よりも時間、体力とも余裕を持って動きましょう。
  • 航空会社のホームページなどで運航状況をこまめにチェックする
  • 台風の場合は、その後の進路を天気予報でチェックする
  • 出発当日はできるだけ早めに空港に行く
  • 欠航がわかった時点ですぐ代替手段の確保を。空席待ちは早い方がいい
欠航した場合の対処法については、「台風や大雪で飛行機が欠航!慌てないためのポイント」をご覧ください。

※記事の情報は2018年7月現在

(参考)
ANA – 国内線 運航状況のご案内
ANA運航の見通し情報 (@ANA_flight_info) | Twitter
JAL - 運航状況のご案内(国内線)
JAL 運航情報【公式】 (@JAL_flight_info) | Twitter
Flightrader24.com

【関連記事】
飛行機が悪天候や災害で欠航した時の対処法【国際線】

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。