飛行機は悪天候や災害が起きると運航に影響が出る

空港,欠航,遅延,案内

飛行機の欠航、大幅遅延といった情報は、空港にある案内ボードでチェックできます。こまめに確認しましょう

もし旅行中に地震などの災害、台風や大雪といった悪天候に遭遇したら、自分が搭乗する予定の飛行機の便に影響が出ることがあります。それが海外であれば、国内とは事情が異なります。島国である日本に向かうルートでは空路以外が皆無で、国内のように陸路のような代替手段がありません。加えて、現地で日本語が通じない場合も多々あります。

いざトラブルに遭遇してしまった場合どうすればよいのか。主なケースやすぐできる対処法などをご紹介します。

飛行機が欠航、大幅遅延する主なケース

まず、飛行機が欠航、大幅に遅延する場合の主なケースは以下の通りです。
  • 台風や大雪、強風、濃霧、大雨などの悪天候
  • 地震などの天災、テロ
  • 滑走路閉鎖、システムエラーなど空港でのトラブル
  • 機材故障や使用機材の遅れなどによる影響
  • 航空会社のストライキ、など

まずは「情報収集」に努める、ネットも活用

JAL,twitter

JALでは欠航や遅延などの情報を「Twitter」で随時発信しています(JAL公式ホームページより)

台風や大雪といった天候不良の場合、天気予報ですでに情報が出ています。航空会社のホームページにある運航状況のページを見ると「天候調査中」「出発空港に引き返すことがあります」「条件付き運航」といった注意書きが、出発前日から出ていることがあります。まずはこのページをチェックしましょう。「Twitter」で情報をこまめに発信する航空会社もあります。
ANA,運航の見通し

ANAでは海外の方面別に「運航の見通し」が事前に発表されています(ANAの公式ホームページより)


また、航空券を購入した際にメールアドレスを登録しておくと、天候による運航便の影響などの情報が随時届くので便利です。

(参考)
ANA 国際線 運航状況のご案内
JAL 運航状況のご案内(国際線)

便の変更が「無料」でできることも

空港,カウンター

出発直前であれば空港にひとまず向かい、利用する航空会社のカウンターに行きましょう

天候による影響だと、もし予定を前倒ししたり、延期したりできる場合、搭乗予定の便を無料で変更できることがあります。変更不可の航空券であっても、この場合は変更が可能なことも。航空会社によってルールが異なりますが、まずは変更か可能かどうか確認してください。

変更は早いに越したことないです。同様に変更を希望する人で空港のカウンターなどは殺到します。ホームページからの変更、電話での変更など他の手段も活用しましょう。

これらの手段が使えない場合は、出発する空港の利用する航空会社カウンターにとにかく早く行くこと。英語をはじめ現地の言語に自信がなければ、同じような境遇の人を探して協力をお願いしましょう

日本でなじみないストライキも海外ではよくある

航空会社のストライキも同様です。数日前にはストライキの実施が予告されています。日本では予告があっても実行されることは皆無ですが、海外、特に欧米ではストライキが実行されて国際線を含むほとんどの便が欠航することが多々あります。

特に、ヨーロッパの航空会社は要注意。ストライキが実行されそうであれば、登録しておいたメールアドレスに変更の案内が届きます。この場合はどの航空券であっても無料で便を変更できます。


突然起きる天災やテロ、いざ遭遇した場合の対処法

空港,発着案内

海外ではストライキ、場所や目的地によってはテロの危険性も。飛行機に限らず、常に余裕を持って行動するのが肝心です

悪天候などと異なり、地震などの天災は突然起きます。場所によっては突如テロが起きることもあるかもしれません。その場合、空港のターミナルや滑走路が閉鎖されてしまうこともあります。

まず、「自分の便が通常通りに飛ぶか」を確認。影響を受けそうであれば、早急にその代替手段を考えないといけません。

現地からしばらく動けなさそうであれば、まずは「ホテル」の確保。そして、自分の予約がどう変更されるかも必ずチェックしましょう。通常は翌日便や翌々日便、他社便への変更など。

どうしても早く日本に戻らないといけない場合、近くの都市に陸路で移動し、別の便で戻る手段もあります。その際の手配は個人旅行だと自分ですべて行う必要があります。

大規模なテロの場合、現地の日本大使館に連絡を取ることも考えないといけません。どの場所に行くかに関わらず、外務省海外旅行登録「たびレジ」がおすすめです。

(参考)
たびレジ - 外務省海外旅行登録

欠航した場合の補償は? ホテル代は?

もし便が欠航した場合、その購入分はあとで全額返金されます。ただ、欠航に伴って余分に宿泊しなければいけなかったり、別の便に乗らざるを得なくなって自己負担したりするケースがあるかと思います。

航空会社によっては、欠航や大幅遅延などの理由次第で、ホテルや補償金などが別途提供されることがあります。空港のカウンターなどで念のため必ず聞いてみてください。また、自分が加入する海外旅行保険やクレジットカードの付帯保険での補償なども確認しましょう。


LCCが欠航/大幅遅延した場合はどうなる?

LCC,ピーチ

LCCが日本でも増え、海外へ気軽に行く機会が増えました。一方で、LCCでは欠航や大幅遅延の際、大手航空会社と対応が異なります。くれぐれも注意しましょう

LCCを利用している場合、大手航空会社のように欠航や大幅遅延した際の「補償」などが一切ないケースがほとんどで、便の変更は自社便の振替のみになります。他社便への振替などは自力で手配しなければならず、その際の差額は自己負担です。

一方、LCCでは有料オプションで、旅行中の不測の事態に対応した旅行保険が選べることがあります。

LCC,保険,ピーチ

Peachが提供する国内・海外での旅行時のさまざまなトラブルに対応する「Peach旅行保険」。チケットの購入時に有料オプションで選べます

例えば、Peachでは、急な出張や家族の急病などが起こってキャンセルした際にチケット代金を補償する「Peachチケットガード」、飛行機の遅延や欠航などで宿泊費がかかった場合の補償や旅行先の事故やトラブルなどに対応する「旅行保険」(国内・海外)が用意されています。もし心配であれば、こういった保険もぜひ利用しましょう。

また、旅行前に加入した海外旅行保険、クレジットカードに付帯する旅行保険が利用できることもあるので、補償内容をしっかり確認して対処してください。


国内線よりも国際線のほうが欠航は少ない

便の欠航は、国内線よりも国際線のほうが少なめです。なぜなら、国内線の場合は陸路での代替手段がある、運航便が多いなどの理由が挙げられます。国際線では、1日1往復のみといった場合が多く、1便でも欠航すると折り返し便も欠航、座席の調整やホテルの手配などで数日間影響することもあるからです。

天候不良があらかじめ分かっている場合、先に半日遅れなどでの運航を発表することがあります。もし空港に着いてから知ると何時間も待つのが大変ですが、この出発時間の変更を空港に行く前に知ることができれば、現地での予定をすぐさま変更できます。情報収集はとても大事です。


【参考記事】
知っておこう!飛行機が「遅延/欠航」になるケース
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。