ANAの上級会員サービス「ANAプレミアムメンバー」になるには?

ANA,羽田

ANAが国内線の拠点とする東京国際空港(羽田空港)第2旅客ターミナル


航空会社が飛行機に多く乗る人向けに特別なサービスを提供するシステムは、一般的に「ステータス」「上級会員」などと呼ばれています。日本の航空会社では、JALとANAがサービスを提供しています。

ANAでは「プレミアムメンバーサービス」といいます。「プレミアムメンバーになるには、どれだけ飛行機に乗れば良いのか」「いったいどんなサービスを受けられるのか」などの基本的な情報を、まずはご紹介します。


飛行機に乗って「プレミアムポイント」を貯める

スターアライアンス,航空会社

ANAなどが加盟する航空連合「スターアライアンス」の航空会社一覧


ANAプレミアムメンバーになるには「プレミアムポイント」を1月1日から12月31日までの1年間で、一定基準まで貯める必要があります。
【参考】ANAマイレージクラブ プレミアムメンバーサービス

プレミアムポイントは、ANAグループ便にマイル積算対象運賃で搭乗した場合にカウントされます。

ここで気を付けたいのは、日本国内線で、エア・ドゥ、ソラシドエア、スターフライヤーなどが運航するANAのコードシェア便だと、ANA(NH)便名で予約、搭乗した場合のみ、プレミアムポイントの対象になること。ANAや他社のウェブサイトから航空券を予約・購入する時など、くれぐれもご注意ください。

また、マイルを使っての特典航空券は、国内線・国際線ともフライトマイルの積算対象外。プレミアムポイントもカウントされません。

一方で、ANAグループ便以外にも、ANAが加盟する航空連合「スターアライアンス」のコードシェア便などに搭乗した際も、プレミアムポイントが貯まります(一部例外あり)。


「ANAプレミアムメンバー」は3ランクある

ANA,プレミアムメンバー

ANAのプレミアムメンバーサービスは3つのランクがあります(ANA公式ホームページより)


ANAプレミアムメンバーには、1年の搭乗実績に応じて、3つのステイタスがあります。

■ 「ダイヤモンドサービス」メンバー
■ 「プラチナサービス」メンバー
■ 「ブロンズサービス」メンバー

ANAプレミアムメンバーの最上位にあたる「ダイヤモンドサービス」は、年間(1~12月)で、100,000プレミアムポイント以上、そのうちANA便の利用が50,000プレミアムポイント以上、が到達条件になります。

例えば、東京=大阪を普通席で、普通運賃などで片道利用した場合、貯まるプレミアムポイントは、およそ1000。つまり、この区間を1年で片道100回か往復50回、1ヶ月に4~5回、ほぼ毎週欠かさず搭乗しないといけない計算になります。これは、よく飛行機に乗って出張するビジネスパーソンでも、なかなか厳しい数字ではないかと思います。
ANA,プレミアムカウンター

空港にあるANAのチェックインカウンター。国内線では上級クラスのプレミアムクラスのほか、上級会員が優遇されます


一方、プラチナサービスとブロンズサービスになると、もう少しハードルが下がります。それでも、毎月ペースで飛行機を使って出張、海外にもよく出張や旅行をする人のほうが、ステイタスを獲得しやすいです。

また、JALの上級会員と大きく違うのは、JALが単純な搭乗回数も対象になるのに対し、ANAではプレミアムポイントの積算のみです。

次ページでは、ステイタス獲得で得られる手厚いサービスについて解説します。