空港や機内で様々な特典が期待できる「上級会員」

JAL,羽田

羽田空港第1旅客ターミナルにズラリと並ぶJALグループの便


飛行機によく乗る人を対象にした、特別なサービスがあります。年に数回程度のフライトでは手の届かないものですが、月に何回も飛行機に乗る、海外出張もよくある人だと、そのサービスが受けられる「上級会員」になるチャンスです。

上級会員になると、空港や機内などで、一般の搭乗客とは異なるさまざまな特典があります。今回、日本航空(JAL)が提供するサービス「JMB FLY ON プログラム」についてご紹介します。

<INDEX>

どうしたら「上級会員」になれる?

JAL,カウンター,上級会員

主要空港のJALカウンターにある上級会員専用の入口。利用できるステータスが案内されています


まず、上級会員になるには、どうすればよいのでしょうか。

JALが提供する「JMB FLY ON プログラム」では、1月から12月までの1年間に乗った搭乗回数、または、搭乗した距離に応じて付与されるFLY ON ポイントの合計が一定の基準に達した場合、ステータスを獲得できます。

【参考】JALマイレージバンク - ご搭乗の多いお客さまへ

例えば、JMB(JALマイレージバンク)が提供する中で最も下位のステータス「JMBクリスタル」の場合、以下のどちらかを満たすことが条件となります。
・3万FLY ONポイント(うちJALグループ便1万5千FLY ONポイント)以上
・搭乗回数30回(うちJALグループ15回)以上、かつ1万FLY ONポイント以上

搭乗回数30回というと、1ヶ月に2~3回、飛行機に乗る計算です。1回の搭乗につき、いくら飛行距離が短くても1回とカウントされます。出張で月に数回、飛行機に搭乗するようなビジネスパーソンであれば、それほどハードルは高くないかもしれません。


「FLY ONポイント」って? 国内線が貯まりやすい理由

JMBの上級会員になるには、この「FLY ONポイント」がとても大事です。FLY ONポイントは、通常のショッピングなどで貯まるマイルとは異なり、飛行機に乗らないと一切貯まりません。しかも、FLY ONポイントの計算方法は、マイルとは異なります。

FLY ONポイントは、「フライトマイル×FLY ONポイント換算率」で計算されます。一般的に、飛行距離が長いほど、FLY ONポイントは貯まります。欧米路線だと、国内線に比べて一度でかなりのFLY ONポイントが貯まる計算です。

JAL便以外にも、JALが提携する航空会社の便であれば、通常はFLY ONポイントが貯まります。ただ、格安航空券やセール運賃、ツアーなどで利用する際はマイル同様、FLY ONポイントも一切貯まらないことがよくあるので、くれぐれも注意しましょう。

このFLY ON ポイントの換算率は、JAL運航便の場合、日本国内線でマイルの2倍、中国・香港・アジア・オセアニア便で1.5倍、それ以外の国際線で1倍となっています。

つまり、日本国内線が2倍なので、長距離国際線のほうが貯めるのに絶対有利、というわけではないのです。


FLY ON ポイント貯めるには「予約クラス」が重要

JAL,国内線,運賃

JAL国内線利用運賃一覧表(JAL公式ホームページより)


JALのフライトマイルとFLY ONポイントは、航空券の「利用運賃カテゴリー」(予約クラス)に応じて積算されます。

例えば、日本国内線の場合。普通運賃や往復割引、JALビジネスきっぷなどは「100%」「2倍」「400ポイント」です。一方、特便割引や株主優待券を使った株主割引などは「75%」「2倍」「400ポイント」と積算率が若干減り、早目に購入するとお得な航空券の先得割引・スーパー先得・ウルトラ先得は「75%」「2倍」で400ポイントが積算されないので注意。

さらに、ツアーやホテルなどがセットになったパック旅行などは「50%」「2倍」で400ポイントも積算されずとても少なくなります。
JAL,国際線,運賃

JAL国際線利用運賃一覧表(JAL公式ホームページより)


国際線では、利用運賃カテゴリーがさらに細分化されています。「航空券面上のクラス」、そのクラスの「Y」「M」「L」「S」といったアルファベットが積算率に大きく関わります。搭乗ボーナス FLY ONポイントも同様です。

なお、400ポイントとは「搭乗ボーナス FLY ONポイント」のこと。航空券の種類によって、この400ポイントが積算されるか否かもポイントです。

フライトマイルとFLY ONポイントは以下のURLで調べるのが便利です。
【参考】 JALマイレージバンク - マイル数をしらべよう!

次のページでは、上級会員の「ランク」について解説します。