24時間いつでもOK! LCC利用者もビジネスパーソンも使える

P1

西空港の第1ターミナルビル2階にある「KIXエアポートラウンジ」。フリードリンク、雑誌・新聞やマンガが自由に閲覧でき、シャワールームなども完備。キッズルームもあります


「飛行機の待ち時間をのんびり過ごしたい」「子どもを思いきり遊ばせたい」「深夜に空港に着いて時間つぶしに」「飛行機に乗る前にシャワーを浴びたい」――空港の利用客のさまざまなニーズに応える、大阪・関西空港のターミナル内にある空港ラウンジ「KIXエアポートラウンジ」と「リフレッシュラウンジ」が人気です。

2つのラウンジは、インターネットカフェ機能を備えるなど、それぞれに個性があって、24時間営業。最近ではLCC(ローコストキャリア、格安航空会社)での旅行で、深夜に到着して翌朝までこのラウンジで過ごすという利用も、とても増えています。

また、飛行機の待ち時間にインターネットを利用したりマンガを読んだり、ビジネスパーソンが仕事をするのに使ったりするのも可能です。一般エリアにあるので、搭乗の前後だけでなく、出迎え時にも利用できます。どのようなラウンジなのか、徹底ガイドします。


全国の空港で珍しいインターネットカフェ型ラウンジ「KIXエアポートラウンジ」

P2

全国的にも珍しい“マンガ喫茶”的な利用もできる空港ラウンジ。懐かしい作品から連載中の最新刊まで幅広いジャンルのマンガがズラリとそろっています。思わず没頭してしまうかも!?


KIXエアポートラウンジは、街中によくある“インターネットカフェ”の機能を備えた、全国の空港でも極めて珍しいスタイルのラウンジです。
人気コミックや雑誌が自由に読めるのをはじめ、映画鑑賞、高速インターネットなども利用できます。

また、お子様がのびのびと遊べるキッズルーム、旅の前後にうれしいシャワールームなど、空港ならではの設備もあり、個人から家族連れなどのグループまでとても使いやすいラウンジです。

P3

お子様専用の遊びスペース「キッズルーム」。個室スペースになっているので、保護者も安心して遊ばせることができます(画像提供:新関西国際空港株式会社)


近年、関西空港には国内外のLCC(ローコストキャリア)が続々と就航しています。LCCは早朝と深夜に出発、到着する便も多く、例えば、深夜に飛行機が着いて電車等の始発が動くまでこのラウンジで過ごしたり、早朝の便に乗るために深夜に空港に来て待ち時間に滞在したりといった旅行客もとても増えています。日本人だけでなく外国人の利用者も多く見かけます。

なお、ラウンジの事前の利用予約はできませんので注意しましょう。


誰でも手軽に利用しやすい「オープン席」

P4

最も気軽な料金で利用できる、開放的な雰囲気のオープン席。ソファのほかにテーブルの席もあり。電源を備えた席もあってスマートフォンなどの充電に便利です


ラウンジではまず、受付で「オープン席」「シングルブース」「グループルーム」の3つから、選びます。
ジュースやコーヒーなどはフリードリンクで、ホット・アイスともにそろっていて、自由に飲むことができます。アルコール類と軽食は有料で販売しています。

最もリーズナブルに利用できるのが「オープン席」です。開放的かつゆったりした空間で、のんびりとくつろぐことができます。利用料金が最初の30分が310円から、フリードリンクも利用できることを考えると、カフェなどで時間を過ごすよりもお得だと感じることができるでしょう。

P5

雑誌・新聞コーナーには、人気雑誌の最新号が並ぶほか、新聞も自由に閲覧できます。旅に役立つ旅行ムック本も充実しています


マンガは往年の名作から最新作まで少年、少女コミックが勢ぞろい。マンガを読んでいるうちにあっという間に時間が経ってしまいます。雑誌のラインナップも、女性ファッション誌からビジネス誌、「るるぶ」などの旅行ムック本まであり、旅の準備にここで過ごすのも最適です。

P6

オープン席にあるパソコンが並ぶコーナー。ウェブサイトの閲覧、メールのチェックなど、仕事にプライベートに便利です。各パソコンにヘッドフォンつきなので音声も心配せず利用できます


なお、座席の下に電源がいくつかあり、スマートフォンなどが充電できるのも便利。パソコンが利用できる席もあります。無線LANも完備していて、ビジネス利用にも十分使えます。