国内線では何分前に空港に着けばよい?

羽田空港,第2ターミナル

羽田空港第2旅客ターミナルではANAグループの便などが主に発着します

飛行機で国内線を利用する場合、空港へは何分前に到着するのがベストなのでしょうか。その答えは人それぞれで、また航空会社や空港などによっても異なります。
 
例えば、空港で手荷物を預けるとなると、カウンターで長い列に並んで時間がかかることがあります。また、空港でお土産を買いたい場合も、時間に余裕を持って到着しないといけません。さらに、LCC(格安航空会社)を利用する際は大手航空会社と異なり、それぞれの手続きの締切時間が早めに設定されていて、ルールも厳しめです。
 
【空港へ到着する時間の目安】(通常期)
■空港でお土産を買う場合・・・出発時刻の1時間~1時間半前
カウンターで手荷物を預ける場合・・・出発時刻の1時間前
■最短ギリギリの場合・・・出発時刻の30分前
LCCの場合・・・出発時刻の1時間前
 
以上に挙げたおおよその目安について、以下で詳しく解説します。
 

チェックイン(搭乗手続き)は何分前まで?

ANA,スキップサービス

★搭乗までの流れは、時間短縮につながる「スキップサービス」を利用するか否かで変わります。(ANA公式ホームページより)

ANAやJALといった大手航空会社の場合、搭乗手続き(チェックイン)の締切時間は【出発時刻の20分前】です。なお、国際線への乗り継ぎがある場合は、出発時刻の30分前までに手続きを済ませる必要があります。
 
空港での搭乗手続きが必要なのは、航空券の予約や購入がまだ、座席指定していないなどの場合です。それ以外だと、預ける手荷物がなければ、空港の自動チェックイン機で発券するか、搭乗に必要な二次元バーコードをあらかじめ持っていれば、カウンターに立ち寄る必要がなく、そのまま保安検査に進めます。座席指定は自動チェックイン機でも可能です。
 

手荷物預かりは何分前まで?

羽田空港,第1ターミナル

手荷物を預ける際はさらに早く空港へ行きましょう。写真は、羽田空港第1旅客ターミナル(JAL)

もし、飛行機に乗る際に手荷物を預ける場合、締切時刻は同じく【出発時刻の20分前】になります。
 
カウンターが空いていれば、すぐに手続きが完了します。しかし、年末年始や夏休み、大型連休といった繁忙期などは、手続き完了まで1時間以上かかる場合も。通常期でもカウンターが長蛇の列になる場合もあります。念のため、通常期であっても出発時刻の1時間もしくはそれ以上前に空港に到着するようにしてください。
 
なお、ペットを預ける場合などは【出発時刻の30分前】の手続きが必要です。スキー板やサーフボードなどの大型の荷物も、カウンターでの手続きに時間を要することがあるため、利用する航空会社のホームページなどであらかじめ調べておきましょう。
 

保安検査は何分前まで?

ANA,搭乗までの流れ

空港にある、チェックインから搭乗までの流れを紹介する案内ボード(ANA)

飛行機に乗る際、保安検査を必ず受けなければいけません。その保安検査場は【出発時刻の15分前】までに通過する必要があります。
 
保安検査も、夏休みや年末年始などの繁忙期は長い列ができ、とても混雑します。時間に余裕を持って通過しましょう。
 
羽田空港などには、出発時刻が近い人のための「優先レーン」を設けている場合もあります。もし自分が該当する場合は遠慮なく利用してください。
 

搭乗時間は何分前までなら間に合う?

飛行機への搭乗は【出発時刻の10分前】。この時間は厳守です。最悪、飛行機に乗れなくなってしまいます。
 
なお、羽田空港のような大きなターミナルだと、保安検査場から搭乗口までかなり遠い場合も。飛行機がターミナルから搭乗橋を利用しない、バス搭乗の際は待合スペースにさらに早く向かうようにカウンターなどで促されることもあります。
 
いずれにしても、搭乗口には指定の時間よりも早めに着くに越したことはありません。
 

お土産を買いたい場合は何分前まで?

伊丹空港,関西旅日記

空港ではさまざまなお土産が手に入ります。写真は、大阪国際空港(伊丹空港)にある総合土産店「関西旅日記」

飛行機に乗る前に、空港で「お土産」を買いたい方もおられるかと思います。特に近年、●●空港限定といった“空港みやげ”はラインナップがとても豊富です。
 
空港でお土産を買う時間が必要となると、通常よりも早く空港に着く必要があります。ただ飛行機に乗るだけであれば、出発時刻の1時間を切っていても間に合う場合も、できれば出発時刻の1時間半、念のため2時間前であっても良いでしょう。
 

最短ギリギリ【出発時刻の30分前】は移動慣れした人向け

まず、最短ギリギリの場合は【出発時刻の30分前】と、先に紹介しました。これは、自分がよく利用する空港、航空会社、そして路線(便)である場合です。時間に余裕があればもちろん、それ以上前に到着しておくのがベストです。
 

LCC利用時は早めに到着しよう

ジェットスター,国内線

成田空港第3ターミナルにある、ジェットスターの国内線向け案内

国内線でも増えている、LCC(格安航空会社)の路線ネットワーク。このLCCに乗る際、搭乗手続きや保安検査などの締切時間が、大手航空会社とは異なります。
 
ジェットスター・ジャパンの国内線では、以下のようになっています。
 
出発2時間前 カウンターでのチェックイン 手荷物受付開始
出発30分前 カウンターでの搭乗手続き 手荷物受付締切
出発25分前 搭乗ゲートに向かう時間
出発15分前 搭乗締切
 
どのLCCも、大手航空会社よりいずれの手続きも早く締め切られ、また、LCC各社によっても、締切時間は異なります。手荷物などのルールも厳しく、万が一、乗り遅れそうになった場合のサポートも、大手航空会社よりも手厚くありません。LCCを利用する場合はいろいろ注意が必要です。
 
ジェットスター - チェックイン
Peach Aviation(ピーチ) - ご搭乗までの流れ
バニラエア - ご予約から搭乗までの流れ(アクセス~出発編)
Spring Japan(春秋航空日本) - ご搭乗までの流れ
 
 

都市空港と地方空港で異なる諸事情

例えば、羽田空港のような巨大な空港はターミナルが大きく、保安検査場から搭乗口までが遠いと、その移動にかなりの時間を要します。鉄道やバス、駐車場からカウンターまでの距離や所要時間なども同様です。
 
一方、地方空港だと、搭乗口が数えるほどしかなく、保安検査を終えてすぐ目の前が搭乗口ということもあり、移動に時間があまりかかりません。ただ、カウンターの数が少なく、保安検査も1レーンのみということも。国内の主要空港に設置されている上級会員などが対象の「優先レーン」などもないので、ご注意ください。
 
 

ガイドが考える搭乗までの時間短縮テク5つ

ANA,自動手荷物預け機

羽田空港に設置されている「ANA BAGGAGE DROP(自動手荷物預け機)」

国内線に乗る際、空港での時間を少しでも短縮するため、ガイドが日ごろから心がけているポイントをいくつかピックアップしました。
 
【1】国内線で手荷物は預けない、身軽に移動がベスト
【2】搭乗券はあらかじめ紙かスマホで用意、カードで搭乗も
【3】座席指定も事前に、空港では自動チェックイン機で
【4】手荷物の手続きは「自動手荷物預け機」のほうが空いている
【5】保安検査場で「スマートセキュリティ」があれば利用する
 
まず、飛行機で手荷物を預ける場合、カウンターに立ち寄る必要があります。この手続きがないだけで、時間短縮につながります。ただし、機内持ち込みできる手荷物には、重量やサイズ、個数などの制限がありますので、くれぐれも注意してください。
 
搭乗券には、ANAやJALなどの場合、「2次元バーコード」が入ったチケットを紙で印刷もしくはスマートフォンにダウンロードしておけば、保安検査場や搭乗口もそのまま通過できます。ANAカードやJALカードといったIC機能付きカードでも可能です。
 
もし手荷物がある場合、スタッフがいるカウンターでなく、自分で手続きができる「自動手荷物預け機」のほうが、通常は空いています。ANAでは羽田空港、新千歳空港、福岡空港など、JALでは羽田空港、伊丹空港、新千歳空港、福岡空港、那覇空港に設置されているので、利用価値大です。ANAとJALともにホームページで利用方法が詳しく、動画でも紹介されています。
 
ANA - ANA BAGGAGE DROP(自動手荷物預け機)のご案内
JAL – JALスクスプレス・タグサービス

「スマートセキュリティ」は、複数人で同時に保安検査ができるシステムで、国内線では大阪国際空港(伊丹空港)に導入されています。1人ずつでなく、複数人が同時にトレーに手荷物を置いていき、済んだ人から保安検査を通過していくため、例えば、ある1人が手荷物で時間がかかっても後ろに迷惑がかかることがなく、時間短縮につながります。
 
【関連リンク】
ANA ご搭乗手続きの流れ [国内線]
JAL 国内線 ご搭乗方法
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。