台風、大雪、地震……乗る予定だった飛行機が欠航したら、どうする?

台風や暴風、大雪、地震など、自然災害による飛行機の欠航が昨今増加しています。実際に乗る予定だった飛行機が欠航すると旅行はどうなるのでしょうか? いざという時に慌てない為に、飛行機を利用する際に気になるポイントを整理してみました。

◆MENU◆

行き(往路)の飛行機が欠航! こんな時旅行はどうなる?

欠航時

台風等が予め予想される場合は、事前に対応の検討を

予約便が欠航……そんな時、旅行はどうなるのでしょうか?

ツアーの場合は、搭乗予定の飛行機が欠航となった場合、ツアー自体が催行されないこと(中止)がほとんどです。楽しみにしていたのに残念ですが、キャンセル料はかかりませんので、次の旅を計画しましょう。ちなみに、大雪や台風が近づいてきているという理由で、自らの判断で旅行をキャンセルする場合には、通常通りキャンセル料が発生します。ただ、その時の状況により、旅行会社にて特別な対応を準備するケースもあります。台風や雪等、天候で気になることがあれば早めに申込みの旅行会社へ
  • ツアーの催行か中止かの判断はいつするのか?
  • 連絡はどのようにくるのか?
  • 緊急時の連絡先について
  • 自らの意志でキャンセルする際のキャンセル料の有無
などを、確認することをおすすめします。特に昨今は、飛行機と宿だけで添乗員のいない、シンプルなツアーを利用する方も多いかと思います。この場合は旅先で、自らで対応が必要となりますので、事前に必要事項の確認をしておくとスムーズです。

航空券を自分で手配している個人手配の場合、天候等の懸念が予測できる場合は、まずは各エアラインのホームページの運航状況を確認しましょう。

「天候調査中」「条件付き運航」「影響が見込まれる」等の案内がある場合は、振り替えやキャンセルが手数料なしで出来ます(台風などの場合は前日ぐらいから掲載をされるケースが多くあります)。通常は「変更・キャンセル不可」の格安航空券等も、無料で変更・キャンセルの対応をしてくれますから、旅行の延期を検討するのもいいでしょう。(※実際の手続きは、後術する各エアラインのサイトで確認してください)

不運にも、予約した便だけ不具合で欠航となった場合には「急いでいるので次の便への振り替えたい」と思うことがあるかもしれません。が、もちろん空席がなければ変更はできません。運が悪かったと空席がある便まで待つか、キャンセルをして、他のエアラインや交通手段の利用を検討しましょう。場合によっては、旅行計画そのものを考え直す必要があります。

悪天候時は各社とも条件は同じで難しいですが、機材不具合や、前日の悪天候で機材繰りが間に合わず欠航する時には、状況により自社便だけではなく他社便を含めて、振替をしてくれるケース経由便への振り替え(例:沖縄⇒東京(直行)を、沖縄⇒大阪⇒東京(経由I)へ)などを行うケースもあります(※LCCは除く)。希望があれば相談してみるのも手でしょう。

なお当日の便への振り替えが必要なケースを除いて、インターネットやホームページ上で、変更や払い戻し手続きが出来るケースがほとんど。エアライン各社の欠航時の対応ホームページへのリンク集から、確認をしておきましょう

●遅延時対応例 
JAL国内線~遅延・欠航の場合のご案内~
 

帰り(復路)の飛行機が欠航! 宿泊料は自腹?

帰路については、場合によってはホテル手配も必要

帰路については、場合によってはホテル手配も必要

「旅立つことはできたけれど、帰りが欠航して帰れない!」こんな時はどうなるのでしょうか? 行きの欠航のように、旅行を中止し帰らないというわけにはいきません。ツアー、個人手配問わず、順次空席のある便へ振り替えをしていきます。また個人手配の場合は、払い戻しもすることも可能です。

復路が欠航した際に考えなくてはならないのが、予定の日に帰れないケース。この場合、延泊が必要になりますが宿泊料金は自己負担となります。

”飛行機が運航しない=航空会社(旅行会社)の責任”と考えがちですが、自然災害は誰の責任でもありません。航空会社や旅行会社も被害者ですので、そのあたりは間違えず、冷静にどうすべきか対応を考えましょう。

また、払い戻しをして他の交通手段を選択した場合も、余分にかかった他の交通手段の費用は自己負担となります。

ツアーの場合は、現地係員や添乗員がいる場合には指示に従いましょう。延泊が必要になった場合には、料金はかかりますが予約は代行してくれることも多いようです。添乗員等がいない場合は、まずは旅行会社の連絡先に問い合わせをした上で、航空会社のカウンターの指示に従うのが一般的です。

個人手配の場合は、運航状況をインターネットで確認すること。できるだけ早く帰りたい場合は空港へ行き、振り替えを待つのが確実ですが、時間に余裕がある場合は焦って空港に行かず、ホームページや電話等で振り替えの手続きをする方がいいでしょう。翌日以降の便になりそうな場合は、早めにホテルの手配もするように心がけましょう。悪天候時はホテルも混み合います。

さて、上記はいずれもフルサービスキャリアでの対応となります。LCCの場合は、少々状況が異なります。
 

LCCは注意! 自ら対策を講じる必要性あり

LCCは欠航の理由に関わらず、大幅な遅延(目安は2時間以上)や欠航の場合は、自社便への振り替え払い戻し対応となります。

ここで注意が必要なのが、振り替えは自社便のみであること。また予備の機材を持たず、基本的には2つの空港間をピストンで運航するケースが多いLCCの場合は、たとえ振り替えができたとしても何時間も後の便、あるいは翌日以降となることも多々あります。欠航となった時点で、大幅な旅行計画の見直しをする必要がある点を認識しておきましょう。
 
LCCの場合は振り替え方法など異なる点が多いので注意

LCCの場合は振り替え方法など異なる点が多いので注意

また往路と復路は違うエアラインで手配、あるいは同じLCCでも別々にチケットを手配することもあるかと思います。実はこれは欠航時(特に往路で欠航となった場合)に困ることがあります。というのも、あくまで払い戻しは予約ベース。各社とも往復で一括予約をしていれば、往路で欠航となってしまった場合に、復路についても変更や払い戻し対応を無料で受けられることが多いようです。

でも往路、復路をそれぞれ別で手配していた場合、往路が欠航となれば往路については手数料等無料で振り替えや払い戻しができますが、復路の予約はそのままになります。リスクを最小限にするには、「同じエアラインで往復し、予約は一括で行う」ということも、特に天候リスクが高いシーズンや航路では有効でしょう。
 

その他の落とし穴
晴れているのに欠航&空港へのアクセスも注意

搭乗当日は晴れているのに欠航ということもあります。悪天候の影響でダイヤがみだれると指定の空港に飛行機が待機できず、翌日その機材を利用するはずだった便が欠航することもあります。こういったケースは前日に欠航が発表されることが多いので、各航空会社の運航状況や、メールサービスを利用し情報をチェックすることをお勧めします。

また、飛行機だけではなく、空港へのアクセス(列車・車・バス)の確保もお忘れなく。飛行機は運航したのに、列車が遅れて乗れなかった……なんてことも実際には見受けられます。公共交通機関の運行状況は通常ホームページなどで最新の状況を公表していますので、まずはそちらで確認するといでしょう。

自然災害、できれば遭遇したくないものですが、いざという時はこれらのポイントを思い出し、慌てず対処してくださいね。
 

主なエアライアンの悪天候時の対応案内ホームページ一覧

万一の際にあわてないように、事前に一読しておきましょう。多くのエアラインのホームページには、遅延・欠航情報、その場合の対応や手続きの詳細が明記されています。

欠航時や遅延時には案内メールを携帯に送信するサービスを実施しているエアラインも多く、また払い戻しや変更の場合も、ホームページで手続きが出来るケースや、後日改めての申請が可能な会社もあります。

欠航当日は、空港のカウンターも電話も非常に混み合い、つながりにくいので、自身でしっかりと情報を収集して手続きをされる方が良いでしょう。


JAL 欠航時の対応の払い戻しについて
ANA 悪天候での欠航時の対応について

スカイマーク 悪天候時の航空券取扱について
エア・ドゥ 悪天候時の航空券の取り扱いについて
ソラシドエア お客様都合以外での変更・払い戻しについて
スターフライヤー お客様都合以外での変更・払い戻しについて
フジドリーム エアライン 遅延・欠航・目的地外着陸

<LCC>
ジェットスタージャパン 遅延・欠航に関するご案内(リンク先のページ内「お問い合わせの前に」をチェック)
ピーチ 変更・払い戻しに関するご案内
バニラエア ご予約便が欠航した場合の変更・払い戻しについて

【関連記事】
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。