アロマテラピーで活用する精油(アロマオイル)は、香りを楽しむだけでなく、お風呂に入れることもできます。リラックスできる「アロマバス」という方法と、「アロマ入浴剤」をご紹介します。

アロマバスとは?

バスタイム
バスタイムがさらに気持ちいいものになります!
日本には昔からユズ湯や、菖蒲湯といった薬効を期待する香り風呂があります。ユズ湯は寒い冬、皮に含まれるリモネンという成分が身体を温めて風邪を予防、菖蒲湯は菖蒲に含まれるオイゲノールという精油成分が身体に良いとされます。

同じようにアロマバスも植物の有効成分をお湯に入れることで、いろいろな効果を期待するものです。もちろんお風呂自体、身体を温め、清潔にし、リラックス&リフレッシュの効果をもたらします。そこに香りがプラスされることで、さらに効果がUPします。

もっとも手軽なアロマバスの方法は、バスタブに1~5滴の精油を落とし、よくかき混ぜて入浴するというもの。

代表的なアロマバスのオイルと効果

人工の香りではないアロマ
ナチュラルアロマならお風呂でも濃すぎません
たくさん種類がある精油の中で、お風呂用として使いやすいものをピックアップしました。

  • ラベンダー

  • 鎮静効果に優れるため、リラックスして休むときに最適な香り

  • ゼラニウム

  • ホルモン調整や皮脂分泌作用に優れるため女性におすすめの香り

  • カモミール・ローマン

  • お肌にも優しく、リラックスできるりんごの香り

  • ローズマリー

  • 気力を高め、肌を若返らせるスッキリ系の香り

  • クラリセージ

  • 幸福感を高め、からだの緊張をほぐすハーブの香り

  • ローズ

  • スキンケア効果に優れるだけでなく、リッチな香りは普段のお風呂をワンランクアップさせます

  • ジュニパーベリー

  • 冷えやむくみなど、からだを解毒するのに最適。ひのき風呂のような香りです

このような精油をお風呂に入れるだけでもいいのですが、少し工夫すると応用範囲が広がります


お肌が弱い方向きのバスオイル

楽しみながら作りましょう
さらにリラックスの面でも、スキンケアの面でも効果的なお風呂になります!
精油だけを入れる方法がもっとも手軽なアロマバスですが、種類によってはお肌に刺激になることがあります。そこで、あらかじめキャリアオイルと混ぜて「バスオイル」を作っておきます。キャリアオイルが加わることで肌への刺激が和らぐだけでなく、保湿効果も高まります。

■バスオイルのレシピ(1回分)
上記材料を混ぜればできあがり。作ったものをそのままバスタブに入れてかき混ぜて入浴します。精油だけよりもお肌がしっとりします。