アロマをマスクに着けるにもコツがある!

マスク

マスクにアロマっていい方法だけど気をつけないといけないこともあります

冬から春にかけ、てマスクの出番が多い季節です。呼吸器系のトラブルの予防、また症状の緩和のためにマスクをつけますが、気軽にエッセンシャルオイル(精油/アロマオイル)を瓶からポトッと1滴垂らして、マスクにつけたりしていませんか?

それは少し危険です!
危険というと大げさですが、あまりにも鼻に近く、密着する時間が長いため、直接的過ぎるのです。大人はもちろん、もし子ども(小学生ぐらいまで)にも実践していたら特に気をつけたいですね。

マスクにそのままエッセンシャルオイルをつけるのがNGなのには、要約すると3つの理由が挙げられます。


1.香りが強すぎる

アロマ1滴

1滴であってもかなり強い香りがします

エッセンシャルオイル(アロマオイル/精油)は、原料植物(芳香植物や薬用植物)に含まれている香り成分(エッセンシャルオイル)がいろいろな製造過程を経た結果、小さなボトルに入ったものです。

植物の状態のときとは違い、液体になっているし、かなり香りが濃くなっています。たとえばパンやピザに入っているバジルやオレガノ、ローズマリーの葉っぱを食べたことがあると思いますが、香りがあるとはいえ、エッセンシャルオイルと比較すれば、口の中に入れても不快感のない程度の香りの強さです。

比較してアロマオイルは相当濃い香りになっています。そのためそのままマスクに垂らしてつけるのは、濃すぎます!

通常、アロマテラピーを家庭などで楽しむ場合でも、エッセンシャルオイルを原液(ボトルから出したそのまま)の状態のまま楽しむ方法はあまりありません。たとえばアロマディフューザーをはじめとした芳香拡散器にアロマの原液を入れたとしても、鼻に届くときは空間に広がった香りを感じることになります。

またハンカチに1滴オイルを垂らして香りを楽しむ方法もありますが、この場合はマスクと異なり、嗅ぎたいときにだけ鼻に近づけることができます。マスクはずっと鼻を覆ったままです。

適量が心地よさをもたらします。香りというのは良い香りであっても、濃過ぎると不快に感じることがあります。香水をつけ過ぎている人がいますが、ちょっと濃いな~って思ったことはありませんか。「適度に香る」のが心地よいのです。


>>P2でも引き続きNGな理由を説明します