抗菌アロマハンドジェル応用編は、手に優しい色付ビーズ入り!

感染症予防には手を清潔に保つことが大切です

感染症予防には手を清潔に保つことが大切です

インフルエンザにノロウィルス、感染症が流行する季節になると様々な「抗菌アイテム」を目にします。
病気の予防には「うがい、手洗い」と言われますが、うがいよりも大半の感染原因は「手の清潔」が関係しているとも言われているくらい「手の清潔」は重要な予防対策なのだそうです。

以前にも同様の意味から「持ち運びに便利な抗菌アロマジェルの作り方」を紹介しました。意外にも、アルコール含有が高いことで手荒れの傷にしみたり、手荒れをの原因にもなることを心配する人が多い事を知りました。また、お子様に使用するにはアルコールの含有も多いのでは? という声も。

そんな声を参考にさせて頂き、今回はアルコール含有が少なく手に優しい抗菌アロマハンドジェルの作り方を紹介します。

アルコールと水は一緒にすると化学反応をおこし白濁してしまいます。アルコール含有が多い手作りのハンドジェルはどうしても白濁したものが出来上がりますが、アロマハンドジェルの場合はアロマオイル(精油)の抗菌、抗ウィルス効果が期待できることから、アルコールの量を減らし、白濁した感じを回避するために色付けしたものに仕上げました。
 

手に優しい抗菌アロマハンドジェルの材料と道具

手に優しい抗菌アロマハンドジェルはしっとり伸びる使い心地です

手に優しい抗菌アロマハンドジェルはしっとり伸びる使い心地です

まずは、材料と道具を紹介します。

■手に優しい抗菌アロマハンドジェル 全体量 30ml
抗菌アロマハンドジェルの材料と道具

抗菌アロマハンドジェルの材料と道具

<材料>
・無水エタノール      小さじ2/3杯程度
・精製水            20ml
・グリセリン         小さじ半分程度
・キサンタンガム 耳かき15杯程度(この範囲でお好みで調節します)
・抗菌、抗ウィルス効果のある精油 6滴~18滴(3%濃度の範囲で調整)
色素 サファイアブルー
※こちらの色素は米国FDAにて、医薬品や食品に添加できる色素です。無水エタノールと精製水を合わせることでどうしても白濁してしまうので、白濁した感じが気になる方には少し色付けした方が見た目が可愛くなるので添加しています。こちらを選んでいるのは、液体の色素なのでジェルに混ぜやすい為です。ご心配な方は色素は使用せず楽しんでください。色素についての詳細はリンクにてご確認ください。
※米国FDAとは、米国食品医薬局の略で日本の厚生労働省にあたる米国厚生労働省に属している機関です。

ホホバワックス 少々
※ホホバワックスはスクラブ用として使われるホホバオイル由来のビーズ状のワックスです。水に溶けない性質を持っています。アルコール含有が多いと溶けやすくなるので精製水が多いレシピの今回のジェルには活用しました。

<道具>                          
・ 容器 30ml
・ ビーカー 大(100mlが使いやすい)、小(30ml程度) 各1個
・ ガラス棒
・ミクロスパテール(耳かきサイズの計量スプーン、耳かきや茶さじで代用可)
※キサンタンガムを混ぜる時はコチラがベター
・ ミニ計量スプーン(極少量 0.1cc、0.25cc、0.5cc、1cc の計量が可能)
※ホホバビーズワックスを混ぜる時に1/10サイズを使用

>次のページでは「抗菌アロマハンドジェルの作り方&使い方」を紹介します。