不快な「髪の匂い」の原因とは?

電車、お店などでいろんな匂いが髪につく

電車やオフィス、飲食店などいろいろな匂いが髪につきます

髪の毛につく気になる匂いといえば、代表的なものでは「タバコ」でしょうか? タバコ以外でも、外出すれば色々な匂いがあり、髪の毛や衣類に匂いが付着して、不快に思うこともあるでしょう。主な「髪の匂い」の原因をあげてみます。
  • 外部からの要素(タバコ、アルコール、食べ物、けむりなど)
  • 髪の毛が洗えない状況下での汗、皮脂、雑菌
  • 帽子をかぶっていて汗が蒸れた場合
  • もともとの体臭
自分が発する原因と外部からの原因の2つにで大別できそうです(もちろんそれぞれ関係しあうこともあります)。

服の繊維と同様に、髪の毛は多孔質といって、表面に小さな穴がたくさん開いているので、どうしても香りの分子がそこに付着しやすいようです。

自分が出す汗や体臭は、食べ物や生活スタイルも影響します。体質となると遺伝的要素もありますね。

外出先や病気の時に役立つ「アロマヘアスプレー」

今回はいずれの原因であっても「不快感を軽減する」という点でアロマテラピーをオススメしたいと思います。

髪の匂い自体をとるためには洗髪がベストでしょう。でも、病気や外出先など今すぐには洗えない状況では、ひとまず役に立つものがあれば便利。それがアロマで作ったヘアスプレーです。

精油(アロマオイル)にはいろいろな植物がもつ作用があるので、デオドラント以外でも以下のようなプラスアルファの効果も期待できますよ。
  • 抗菌
  • 抜け毛予防(頭皮の活性化)
  • ふけの予防
  • メンタルへの効果 など
特にメンタルへの効果はアロマテラピーらしい効果ですね。香りは大脳に刺激を与えて、心に影響を与えます。いやな匂いによる不快感が軽減されてストレスレベルが下がり、ほのかな香りが周囲の人にも好影響を及ぼしますよ。

抜け毛、ふけなどについてはアロマテラピーはサポートになる、という程度に判断して頂くといいと思います。

次ページでは「アロマヘアスプレーの作り方・使い方」を紹介します。