「日焼け=シミ」じゃない!?肌タイプによる日焼けの違い

しっかり日焼け止めを塗っていても、日焼けしやすい人と日焼けしにくい人がいますが、日焼けしやすいからといってシミになりやすい……という訳ではありません。

これは「メラニン色素」の量や、紫外線によってメラニン色素を作り出す「メラノサイト」と呼ばれる細胞の活性の違いにあります。肌タイプは老化などに左右される事はなく産まれた時に決まっていて、遺伝による物が大きいと言えるでしょう。
あなたはどちらの日焼けタイプ?

あなたはどちらの日焼けタイプ?



赤くなる?黒くなる?あなたはどちら派?

赤くなる→黒くなる日焼けタイプ
そもそも「日焼け」とは、細胞がダメージを受けないように、メラノサイトがメラニン色素を作り出し、皮膚の奥に紫外線が入らないように防いでくれるシステム。日焼けをして赤くなって黒くなる人はメラノサイトがしっかりと働いて細胞を守ってくれている証拠なのです。ですから、日焼けしやすいからといってシミになりやすい…という訳ではないのでご安心ください。

赤くなるだけの日焼けタイプ
一番、注意しなくてはいけないのが、赤くなってそのまま黒くならない肌タイプの人。人種によっても異なり、白人の方はおおむねメラニン色素が少なく、黒くならずに炎症を起こします。日本人は、黒くなるタイプと遺伝によって半々です。
一見、日焼けしにくいと思われがちですが、肌細胞にはダメージが蓄積され光老化がおこりやすいのが特徴。白い肌は素敵に見えますが、肌タイプから言えば紫外線によるダメージを起こしやすいので、色黒の方よりも一層の日焼け対策が必要と言えます。


タイプに限らず敏感肌の人は要注意!

敏感肌の方は皮膚に炎症をおこしやすい状態にあります。日焼けは紫外線により炎症をおこした火傷と同じなので、敏感肌の方は特に日焼け止めや遮光をしましょう。また、肌の水分量が少ないと天然の日焼け止めバリア効果のある角質がランダムにはがれてしまうので夏でもしっかり保湿してください。
どんな日焼けタイプでも保湿スキンケアは必須

どんな日焼けタイプでも保湿スキンケアは必須


またどちらのタイプにも共通して言えるのが、日焼けした後元に戻りにくいと感じたら、新陳代謝が悪くなっているとも考えられます。水分量の低下した肌、キメが乱れた肌はより紫外線の影響を受けやすい肌、つまり焼けやすい肌となってしまうので、日頃から保湿スキンケアを心掛けましょう。

ちなみに赤ちゃんの日焼け対策ですが、近年では歩くようになるまでは過度に日焼け止めを塗る必要性はあまりなく、物理的な遮光で良いのではと言われています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。