もう"うっかり日焼け"では済まされない!

うっかり日焼けにご用心

うっかり日焼けにご用心

紫外線の脅威は年々増すばかり。そのためか、どんなにUVケアをしていてもうっかり日焼けをしちゃうことってありますよね? 紫外線を浴びるとシミやシワなどの肌老化を招いてしまうので、”うっかり”なんて、悠長な事は言っていられないのです。

ちなみに、日焼け止めを塗っているにも関わらず、うっかり日焼けをしてしまうかという人には、こんなケースが多いのです……

1、日焼け止めを指定の量使っていない
2、塗り方にムラがある
3、こまめな塗り直しができない
4、汗をかいて日焼け止めが落ちてしまった


などなど……。あなたにも思い当たるフシはありませんか?


日焼けには2種類ある!サンバーンとサンタンの違いとは?

q

日焼けの種類は2つ

そもそも日焼けというのは、紫外線が肌に当たることで、脳に指令が行きメラニンを発生させることで起こります。肌の奥にある基底層でメラニン細胞がメラニン色素を作りだすのです。それが、表皮層を経て角質層まで広がり、肌の色が変化していく現象のこと。そして、日焼けには「サンバーンとサンタン」の2種類あります。

■肌が赤くなってしまう「サンバーン」
太陽を表す「サン」と焼けるという意味の「バーン」が組み合わさった言葉。まさに、太陽の光で肌が焼けるという状態を指しています。紫外線を浴びてから、4~5時間程度で赤くなりはじめて、24時間後にピークを迎えます。

■肌が黒くなってしまう「サンタン」
こちらは、UVA、UVBのどちらもの影響を受けて引き起こされます。紫外線が肌に当たり肌の奥でメラニン色素が生成されてから、肌の表面に変色が起こるまでにサバーンより時間がかかるのが特徴です。
そのため、個人差もありますが、肌が黒くなるのは24時間から2日以上と言われています。

何より、日焼けというのは、肌がやけどをしている状態とも言えます。炎症がひどい場合は、自己判断せず診療を受けるようにしましょう。


うっかり日焼けしてしまったら、どうすればいい?
【日焼け対策1】炎症を抑えるためにまずは冷やす

w

まずは冷やすことが大切

では、うっかり日焼けをしてしまったらどうすればよいのでしょうか?

日焼けしている部分は、炎症を起こしている状態です。赤くなったり、熱を持っていたりする場合もあるので、まずは冷やしてあげましょう

冷蔵庫で冷やした濡れタオルや、保冷材などをタオルで巻いて患部に当てるのが有効です。間違っても美白用のシートマスクなどを使うのは絶対にやめましょう。

効果的な冷やし方の1例を上げると……

1、ハンドタオルを水で濡らし水分を絞る
2、しっかり絞ったら広げて、保冷剤を包む
3、そのハンドタオルを、熱を持っているところにあてる
4、数分したら保冷剤をはずし、ハンドタオルを全体にのせる
5、これを数回繰り返す


保冷剤を直接肌にあてると、凍傷を起こす可能性があるので絶対にやめましょう。また、外出先でこの方法ができない場合は、コンビニなどで氷を買い、それをタオルに巻いても同じ効果が得られます。

【日焼け対策2】炎症がしずまったら、次は保湿
y

保湿も忘れずに

炎症部分が落ち着いたら、次はたっぷりと保湿をしてあげましょう。日焼けをしている場合にはもちろん、日焼けしていなくても紫外線に当たってしまった肌は、UVAによって肌が乾燥しています。放っておくとシワの原因になってしまうので注意しましょう。

また、化粧水で潤した後は、乳液やクリームをつけるのが効果的ですが、優しさを重視するのであれば、ワセリンが低刺激でオススメです。


【日焼け対策3】仕上げは体の中から潤す

h

水を飲むのも効果的

日焼けで肌が乾燥している時は、体の中も乾いているもの。そのため、しっかり水分補給をして体の中から潤してあげましょう。ただし、コーヒーやお茶には利尿作用があるので、水やスポーツドリンクを摂るように!

さらに、肌が落ち着いてきたら、美白用の美容液やシートマスクも有効活用しましょう。特に美白ケアは、日焼けをした48時間後までにすると効果的と言われています。

また、実は忘れがちな唇のケアも重要。日頃から外出する際は、SPFの入ったリップクリームや口紅を塗るように心掛けましょう。もし、うっかり日焼けをした際は、リップクリームやエッセンスで潤してあげましょう。


うっかり日焼けをしないことが一番の対策!

n

通勤中のうっかりにもご注意を

夏は、通勤中などの日常生活でも日焼けしやすい時期。朝のお手入れの際、日焼け止めクリームをプラスする。外出先でもスプレータイプの日焼け止めを重ねて塗る、などはもはや必須のお手入れです。

さらに、日頃から美白ケアもしっかり行う習慣をつけておくと、将来後悔することが減るでしょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。