美白によいビタミンはビタミンCだけではないのです

美白はビタミンCだけでは足りない!追加したい美白に必要なビタミン

美白にはビタミンE(トコフェロール)も追加して


美白によいビタミンとしてまず頭に浮かぶのは、ビタミンC(アスコルビン酸)。 飲んでよし、塗ってよしの私たちには、欠かせないビタミンです。化粧品にも配合されていますし、 サプリメントとしてもたくさんの種類が手に入ります。

しかし、ビタミンCだけで、十分なのでしょうか?いっしょにとることで、さらに美肌へと近づけてくれるビタミン。
それが、ビタミンE (トコフェロール)なのです。
 

美白にはビタミンEも服用して!ビタミンCとのそれぞれの効果

ある皮膚科医の症例によれば、ビタミンCを単体で服用する場合より、ビタミンEと合わせて服用した場合のほうが、 シミが改善したそうです。このケースでは、ビタミンCを900mg、ビタミンEを450mg毎日服用していました。

ビタミンC(水溶性ビタミン)の働き
・メラニンの生成を抑える
・活性酸素の生成を抑える
・コラーゲンの合成を促す
・細胞、組織の生成と修復 を促す
・ビタミンEの働きを高める

ビタミンE(脂溶性ビタミン)の働き
・活性酸素の生成を抑える
・血行をよくして皮膚の新陳代謝を高める ・細胞の再生を助ける
・過酸化脂質の酸化を抑える
 

美白効果を出すビタミンの適量は?飲みすぎもNG

美白のために適切なビタミンC、Eの摂取量は?

美白に必要なビタミンの適量は?


一日の摂取量で、気になるのが、過剰摂取。
摂取量の目安は、厚生労働省の「第6次改定 日本人の栄養所要量」 -食事摂取基準-より、「許容上限摂取量(健康上悪影響を及ぼす危険のない栄養素摂取量の最大限の量)」を参考にすると よいでしょう。

ビタミンEの許容上限摂取量(mgα-TE*):成人男女とも600mgα-TE ※α-TE=α-トコフェロール当量

ビタミンCの許容上限摂取量はありません。しかしながら、ヒトにより、下痢や胃腸の不調などをおこす可能性があるので、注意してください。


もう、ご存知かと思いますが、特に、水溶性のビタミンCは、一度にたくさん摂らずに、 何回かにわけて摂るとよいですね。 水溶性のビタミンは、文字どおり水に溶ける性質を持ち、 必要量以外は体外に排出されてしまいます。食後に服用するのが効果的です。
脂溶性のビタミンは、飲みすぎに注意が必要です。心配な場合は、専門家やメーカーに飲み合わせや、量について相談するとよいでしょう。
 

美白にはビタミンを継続しないと効果が出ない

さて、ビタミンの服用は、継続しないとNG。シミの改善と皮膚の健康状態を 長期的に改善するためのものと心得てください。服用をやめると、元にもどってしまう例も多いとか。

 

美白効果はビタミン剤を3か月服用して少しづつ改善されます

先ほどの症例でも、約3ヵ月後に少しずつ改善が見られたそうです。即効の改善を期待せずに、肌を健やかに美しく するために、いただく位の気持ちで、気長に臨むといいと思います。美肌は一日にしてならずですね。
【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。