今回はこんな質問が届きました
「去年の夏に買った日焼け止め、いつまで使える?」

Q. 去年の夏休みに買った日焼け止めがまだ残っていて、5月の旅行に持っていこうか、買い直すべきか悩んでいます。日焼け止めってどれぐらい持つんでしょうか?(30代・契約社員)


A. 大丈夫だと思うけれど! 気になるようなら顔用をボディに使うなどしてみては?
1年前の日焼け止めを今使うのはOK?NG?

1年前の日焼け止めを今使うのはOK?NG?

もちろん、これ、一概には言えませんが、去年の夏休みでしょ? 個人的には大丈夫~って思いますけどね。でも、これはあくまでも私の経験上でのこと。一般的には、日焼け止めに限らず、化粧品は「未開封なら3年、開封後は1年で使い切るのが目安」とされています。かなり安全性を考慮した厳格なルールであって、まぁ、これはあくまで目安です。

日焼け止めは夏を過ぎると使わなくなるから、たいてい残っちゃいます。年間を通して紫外線量の強い5月頃に日焼け止めを購入して、梅雨が明ける頃にはさらにSPF値の高い物を投入して……。とか、うっかり忘れちゃって買ったりしてたらいくつもの日焼け止めがあることになり、結果使いきれず、気がつくと私も、洗面所の籠の奥のほうに行っちゃって、翌シーズンを迎えてます。

日焼け止め、種類やタイプによっても違いますが、クリームや乳液など酸化しやすいもの、防腐剤が入っていない自然派・オーガニック系のもの、スプレータイプのものなどで少しずつ使用期間は違ってきます。

例えば、クリームや乳液など油分が多いものは、チューブの口が黄色く酸化していたり、出したときに、オイルとクリームが分離してしまったりすることも。最初だけでなく、その後も同じようならやめましょう。また、防腐剤などの入っていない自然派・オーガニック系はさらに使用期間が短いので注意してくださいね。スプレータイプは、試用期間は1年より長めです。要は、ニオイや感触などに違和感があったら使わない、なければたぶん大丈夫、といったところでしょうか。

チエックするには面倒だけど、心配ならパッチテストをするのが一番です。二の腕の裏側など、柔らかい皮膚に少量つけ、赤みやかゆみなど異常が出ないか確認し、もし異常が出たら即、使用を中止に。特に異常も出ないし大丈夫そうだけど少し心配、って方は、使用1年以内の顔につけるものは、ボディに使うのがいいかもしれませんよ。ちなみに、私は自分の感覚を信じ、大丈夫そうなら顔にも使っちゃっていますけどね(笑)。

ところでみなさん、日焼け止めって塗っていれば大丈夫と思っていませんか?実はみなさんが思う以上に、結構たっぷり塗らないと効き目がないんですよ。顔の場合は、化粧下地やファンデーションといったメイクをしていて、すごく崩れなければ塗り直しをしなくても大丈夫ですが、首やデコルテ、腕や手は必ず塗り直ししましょうね。洋服でこすれたり、汗で流れたり、取れちゃってますから。私は肌がわりと強いので、そのまま上から重ね塗りしますが、肌が弱い人は一度クレンジングシートでサッと落としてから塗り直すといいですよ、本当はね! ちょっと面倒だけれどね。首の後ろや耳、手の甲など案外焼けやすいので気をつけてね。

今回、使用期限についてお話しましたが、日焼け止めは毎年、使用感、効果などに優れた新しいものが出てきています。値段は高くなくても、そのシーズンの新しいものに買いかえるって決めてしまったほうが、悩まずにスッキリするかもしれませんね!


山本浩未さんのおすすめアイテム

スキンピースファミリー ハーブUVスプレー

スキンピースファミリー ハーブUVスプレー

肌への優しさにこだわり敏感肌、子供にも使えて石けんで落とせる!
無添加にこだわったスキンピースのUVスプレーがパワーアップしてリニューアル。子供からママまでみんなで使え、スプレータイプで面倒なくボディにムラなく塗れる。白塗りもゼロ!石けんで落とせるお手軽さもうれしい!スキンピースファミリー ハーブUVスプレー 60g SPF50 PA+++/880円(税抜)/グラフィコ

 

 

SK-II アトモスフィア エアリー ライト UVクリーム

SK-II アトモスフィア エアリー ライト UV クリーム

紫外線による日焼けや日中のダメージから肌を守り、化粧下地としても優秀!
紫外線、大気汚染、赤外線など、全包囲あらゆる環境ダメージから防御。ベタつかず肌になじみ、サラっとしたつけ心地でノーストレス。スキンケア効果が高く、肌のキメを整えながら、オーラ肌を約束。SK-II アトモスフィア エアリー ライト UV クリーム SPF50+ PA++++/8500円(税抜・編集部調べ)/SK-II


 

 


 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。