使い途中の化粧品…沢山余っていませんか?

「まだ使えるかも」と思って、つい手元に置いてしまいがちな化粧品。しかし開封して長い間使っていない化粧品は、保存状態によっては品質が低下している可能性も。そのまま肌にのせると肌トラブルにもつながる危険もあるのです。

化粧品の使用期限は未開封で3年が目安

undefined

捨て時を見極めて潔く処分を!

食品の賞味期限ほど知られてはいませんが、実は化粧品にも使用期限があります。薬事法において“製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品”は使用期限を明記することが義務づけられているのです。

裏を返せば、使用期限の明記されていない化粧品は3年間は変質しないように作られているということですが、これはあくまで、未開封で正しく保管されていた場合の話。一度開封して空気に触れると酸化や蒸発が進むほか、直射日光が当たる場所や温度変化の激しい場所に置いてあると、品質が著しく低下することも。異変を感じた場合は、潔く処分することが肝心です。

それでは、具体的にどのように捨て時を見極めたら良いのか、アイテム別にご紹介しましょう。

スキンケア化粧品……開封後1年以内に使い切って

undefined

使用前に状態をしっかりチェック

開封後の消費期限は最長で約1年。なるべく鮮度の良い状態で、1シーズンを目安に使い切るのがおすすめです。

変色、異臭、分離、濁りなどがないかチェックして、異常があれば使用を中止しましょう。品質には問題なさそうだけれど使用を迷う場合は、二の腕の内側でパッチテストをし、肌の状態を見て判断するのも一つの方法です。

日焼け止め……1シーズンで使い切るのが望ましい

車の中やビーチなど、温度変化の激しい場所や直射日光の下に置かれることが多い日焼け止め。開封後、早い段階から劣化が進んでいることもあります。

SPF値通りの効果をしっかり発揮させるためには、1シーズンのうちに使い切るか処分して、翌シーズンへの持ちこしは避けるのが無難です。

次ページでは「メイクアイテムの使用期限」について紹介します。