今こそ、マンネリ老け見えメイクをアップデート!

 

パーツごとのポイントを押さえて、ナチュラルに若返る!


人との出会いが多くなる春。心機一転、マンネリ化した老け見えメイクを変えるなら今です! 明日からすぐに取り入れられる、若見えメイクのポイントをパーツごとにお伝えします。

 

ベースメイク:メリハリ塗りで若見え!

マットな厚塗りベースは老け見えのもと。ファンデーションやフェイスパウダーを顔全体にべったり塗るのはやめて、しっかりカバーする部分と薄く塗る部分のメリハリをつけましょう。

一番カバーしたいところは、他人の視線が集まりやすく色ムラも目立ちやすい、目の下の逆三角ゾーン。反対に、皮脂分泌が多くテカりやすいTゾーンや、動きが多くヨレやすいほうれい線や目尻は、なるべく薄めに仕上げるのが正解です。さらに、髪の生え際やフェイスラインは塗らないくらいの方が、陰影がついて小顔に見えます。

仕上げのフェイスパウダーも、顔全体に重ねると肌がパサついてシワっぽい仕上がりに。おでこや鼻まわり、あごなど、皮脂分泌が多くテカりやすい部分にだけ、軽くのせる程度で十分!

 

眉メイク:眉頭起こしで若見え!

最近はナチュラルな太眉がブーム。年齢とともに毛量が減って薄くなった眉には、明る過ぎない色味のアイブロウペンシルやパウダーで色をのせていきましょう。太さを出したい場合は、眉の上ではなく眉の下に毛を1本1本描き足していくのがポイント。眉下に色を入れることで眉と目の間隔が狭まるので、若見え効果も絶大です。

最後は必ずスクリューブラシでぼかし、ふんわりナチュラルに仕上げて。この時、眉頭の毛を根元から起こすように立てると、眉全体がふさふさしているように見え、若々しく元気な印象を与えることができます。

 

リップメイク:輪郭補正で若見え!

年齢とともに、唇の形も変わるもの。口角が下がってきたり、そのまわりの肌色がくすんできたら、口紅を塗る前にひと手間をプラス。リキッドタイプのコンシーラーで口角を「く」の字で囲むようにラインを引いたら、指先でしっかりとなじませ、くすみを消し去って。その上から 口角を上げるようにリップラインを描くと、表情が明るくなります。

唇のハリがなくなり薄くなったと感じる人は、上唇の山や下唇の中央をふっくら描くようにすると、女性らしさがアップして魅力的に見えます。

 

チーク:引き上げ塗りで若見え!

チークは頬骨に沿って、ふんわりと入れるのが正解。具体的には、ニコッと笑ったときに一番高くなるポイントからこめかみに向かって、斜めにサッとブラシを滑らせるのが基本です。ただし、このポイントは年齢とともに下がってきやすいので、アラフォー世代はやや高めに入れることを意識! 頬がキュッとリフトアップして、若々しく見えます。

さらに、そのままブラシに残ったチークをフェイスラインに沿ってぐるりと一周のせてみて。年齢とともに広くなる顔の余白を埋めて自然な陰影をつけることで、引き締まった小顔に見せることができます。

 

アイメイク:ワイパー塗りで若見え!

多色使いできっちり陰影をつけたアイメイクは、ちょっと堅苦しく、古臭い印象になりがち。アイメイクで若見えを図るなら、アイシャドウの単色使いで抜け感を演出しましょう。ほんのり微粒子パールの入ったベージュやブラウンのシャドウならアラフォー世代にもぴったりで、洗練された印象に仕上がります。

アイシャドウを指の腹に取ったら、まぶたの中央のキワから上に向かってワイパーのように動かし、アイホール全体にぼかしましょう。仕上げにもう一度、キワのみに重ね塗りすれば、単色でも自然なグラデーションが作れます。

マスカラはロングラッシュタイプを使い、根元はしっかり、毛先はスッと引き抜くように塗るとナチュラルな仕上がりに。盛り過ぎず、スッと伸びる、上品なまつ毛を目指して。

いかがでしたか? 長年のメイク法を変えるのは勇気が要りますが、少しずつでも取り入れてみると、若々しい印象に近づけるはず!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。